4chビームフォーミングソフトウェア BF-3100

(株)小野測器

独自のビームフォーミング演算法を用いた音源可視化システム

【BF-3100】は、独自のビームフォーミング演算法により、4本のマイクロホンでも従来の36chのマイクロホン(自社比較)と、同等の音源の位置分解能を有する音源可視化ソフトウェア。使用するマイクロホンを少なくすることにより、マイクロホンアレイが小型軽量となり、従来のビームフォーミングの装置では難しい狭い空間でもマイクロホンアレイを手に持ち、移動させながら音源を捜すことができる。リアルタイムモニタソフトウェアとオフライン解析ソフトウェアから構成されており、リアルタイムモニタソフトウェアは、1秒間に5回の速さで音源を解析し、取り付けられたカメラの動画と重ね合わせて、解析結果を表示する。モニタソフトウェアは録音、録画機能を有しており、このデータは時系列解析ソフトウェア「Oscope」にて、音の再生、周波数解析、フィルタ処理を行うこができ、音の特徴を検出できる。その後、オフライン解析を実施し、音源位置を求めるため1秒間に25回の時間分解能でビームフォーミング演算が可能であり、突発的な音がいつ、どこで発生しているかを探査することができる。

この製品が気になった方はこちら
製品カタログ
お問い合わせ
4chビームフォーミングソフトウェア BF-3100

その他の情報

≪特長≫
・4本のマイクで音源探査が可能
 ビームフォーミングの演算に、新しい手法を用いることにより、 少ないマイクでも音源位置を精度よく捉える。

・音源の状況を実時間でモニタ(5回/秒)
 発生する音を聞きながら音源を、目で確認でき、その場で音源位置を認識することができる。

・過渡音、突発音などに対応
変化の早い音については、録画、録音してオフライン機能で時間分解能を高めて解析することができる。

製品カタログ

4chビームフォーミングソフトウェア BF-3100

【BF-3100】は、独自のビームフォーミング演算法により、4本のマイクロホンでも従来の36chのマイクロホン(自社比較)と、同等の音源の位置分解能を有する音源可視化ソフトウェア。使用するマイクロホンを少なくすることによ...

光電式回転検出器 LG-9200
ベビーゲージセンサ BS-1210/1310
エンジン回転検出器 IP-3100
デジタルハンディタコメータ HT-4200
インパルスハンマ GK-2110/4110G10
トルク検出器 TH-1000シリーズ
マルチチャンネルデータステーション DS-3200

会社情報

(株)小野測器

お客様視点で、新価値商品を。

(株)小野測器
〒2268507
神奈川県 横浜市緑区白山1-16-1
電話: 0459353968
http://www.onosokki.co.jp/