PR

充実した基本性能を新規開発ソフトウェアで更に使いやすく グリットローリングカッティングプロッタ「CE6000 Plus シリーズ」新登場

2017/04/19

グラフテック(株)

グラフテック株式会社(本社:神奈川県横浜市/代表取締役社長 佐々木秀吉)は、2017年4月12日よりグリットローリング方式のカッティングプロッタ「CE6000 Plusシリーズ」3機種(CE6000-40 Plus、CE6000-60 Plus、CE6000-120 Plus)を販売開始しました。

「CE6000 Plusシリーズ」は、市場でご好評いただいている弊社の主力商品「CE6000シリーズ」のソフトウェアを一新し、さらに使いやすくしたものです。新たに開発した標準対応ソフトウェアである「プラグインソフトウェア Cutting Master4」、「グラフィックデザインソフトウェア Graphtec Pro Studio」は、CE6000 Plusの高い基本性能を効率よく引き出すことができます。
また、オプションソフトウェア「高機能グラフィックデザインソフトウェア Graphtec Pro Studio Plus」は、Adobe IllustratorやCorel DRAWに並ぶデザイン機能と独自のカッティング機能をあわせもつ、カッティングプロッタの使用に最適なソフトウェアです。
カットの位置あわせ機能には、CE6000シリーズでご好評いただいた「ARMS5.0」を搭載。各種シール・ラベル製造を始めとしたプリント&カットの際に高品質のカットが行えます。また、カッター刃の刃出し量調整用に独自設計のルーペを標準付属し、初めてご使用いただく方にも正確に刃出し量の調整を行うことができます。

CE6000 Plusシリーズはプロユースから店舗、オフィスユースなど様々な市場で幅広くご活用いただける商品です。

今後、グラフテックはサイン・ディスプレイ、印刷市場等を始めとしたプロフェッショナル用途での生産性向上と、製造業、店舗、オフィス市場におけるカッティングプロッタの更なる用途の拡大を図ってまいります。

製品の詳細はこちらをご覧ください⇒カッティングプロッタ CE6000 Plus series

【グラフテック株式会社】
〒244-8503 横浜市戸塚区品濃町503-10
http://www.graphtec.co.jp/
PR