Windows10およびAndroid 6.0対応、ハンディターミナルを新発売

2016/11/15

ハネウェル ジャパン(株)セーフティ&プロダクティビティ・ソリューションズ

ハネウェルジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:エリック・ワグナー)は、Microsoft Windows10およびAndroid6.0搭載ハンディターミナルDolphin(ドルフィン)75eを2016年11月に発売開始します。

スマートフォン・タブレットの一般的な普及が進むなか、近年は業務用端末でもスマートデバイスの活用が期待されています。従来のハンディターミナルより多彩で複数のタスクを1台でこなせる上、作業員は自分自身が毎日使用するスマートフォンと同様に画面をタッチするだけでウェブ検索、E-mailの送受信、スケジュール管理、画像撮影などの操作が可能となる為、操作に慣れるまで短い時間で済むと共に、作業の効率化への期待が高まっています。
このような中、当社は作業効率化推進とトータルコスト削減の為に、スマートフォンをベースにした業務用端末を開発致しました。当社が得意とするバーコードの読取はもちろん、無線によるデータのリアルタイム通信、液晶画面の直接署名による業務効率化機能や写真撮影など、1台で何役もこなすことで、生産性を大きく高めることを実現します。
また、一般的なスマートフォンとは異なり、業務用端末として必要不可欠な堅牢性も兼備している為、業務中に誤って落下、または浸水しても問題なく正常動作するよう設計されており、故障や不具合で業務の流れを止めることがありません。

スタイリッシュなデザインだけでなく多機能で高い耐久性を兼備したDolphin75eは、真に様々な業務および現場で活躍します。ウェアラブル端末と組み合わせて使用すれば、腕やベルトに着用して使用可能です。小売店舗などの流通、小型貨物宅配などの物流はもちろんのこと、医療現場における看護記録管理、薬剤管理などあらゆる現場でより効率的な運用と管理のお手伝いを致します。

【主な特長】
・オープンプラットフォーム搭載
Microsoft Windows10またはAndroid6.0のいずれかをオペレーティングシステムとしてお選びいただけます。普段お使いのスマートフォンと変わらぬ操作を実感していただけます。
・高速プロセッサ搭載
業界最先端のQualcomm Snapdragon801プロセッサと2.26GHzのクワッドコアCPUを搭載しています。低い消費電力で高速データ処理を行いますので、1台で複数業務を同時処理することが可能です。
・操作しやすい大型タッチディスプレイ
屋外でも見やすい高輝度な4.3インチCorning Gorillaガラスのマルチタッチスクリーンを装備していますので、画面が傷つく心配もありません。手袋を装着していても操作できますし、手が濡れていても問題ありません。
・高い耐久性と防塵防水性
IP67規格に準じた耐久設計ですので、水の中に落として完全に浸水してしまっても動作が止まることはありません。1.2mの高さからコンクリート面に複数回落下、また0.5mの高さから1,000回転倒しても正常に動作する堅牢性もあります。
・高精度バーコード解読技術装備
自動認識技術における長年の経験と実績に基づいて開発されたAdaptus Imaging Technology6.0を装備しています。1次元バーコードも2次元コードもストレス無く、迅速かつ正確に読み取ります。

【お問合わせ先】
ハネウェルジャパン株式会社
SPS
セーフティ&プロダクティビティ・ソリューションズ
〒105-0022 東京都港区海岸1-16-1
ニューピア竹芝サウスタワー20階
電話:03-6730-7344/FAX:03-6730-7224
MAIL:HSMJapanInquiry@honeywell.com
https://pages-jp.honeywell.com/top