congatecが、Intelの次世代の省電力プロセッサ(開発コード名:Apollo Lake)を搭載した新しいThin Mini-ITX/Pico-ITXボードを発売

2016/12/09

コンガテックジャパン (congatec)

30%以上の処理能力の向上と、45%以上のグラフィックパフォーマンスの改善を、産業用途向けコンガテック品質基準で実現

Tokyo,Japan,December 9, 2016 ***組み込みコンピュータモジュール、シングルボードコンピュータ(SBC)、および、組み込み設計と製造サービスの大手テクノロジー企業である congatecは、11月10日に、ドイツエレクトロニカ(Germany Electronica)展示会にて、conga-PA5 Pico-ITXシングルボードコンピュータ(SBC)とconga-IA5 Thin Mini-ITXマザーボードを発表しました。いずれも最新のIntel® Atom™ プロセッサ、Celeron® プロセッサおよびPentium® プロセッサ(開発コード名:Apollo Lake)を搭載する、長期的な供給が保証された業界トップの演算プラットフォームです。システムエンジニアは既存のPico-ITXおよびMini-ITXデザインに、この新しい演算プラットフォームを実装する事により、前世代iのものと比較して、約30%以上の処理能力の向上と、約45%以上のグラフィックパフォーマンスの改善を図る事が可能となります。また、ワットあたりの性能の向上により、現状の熱設計システムで、より高いプロセッサー性能を出すことも可能となりますし、もしくは同じ性能でより低い消費電力で使用しバッテリー消費時間を延長することも可能です。これらの新ボードの応用分野は非常に多く、小型ハンドヘルドデバイス、box PC、IoTゲートウェイから業界トップのシンクライアント、スリム HMI、省電力GUI まで多岐にわたります。スマートホーム/スマートシティ、デジタルサイネージ、小売業、医療テクノロジー、ゲーミングおよびファクトリーオートメーション、さらに店舗フロアや物流システムなどの市場に供給可能です。

新しい conga-PA5 Pico-ITXシングルボードコンピュータ(SBC)およびconga-IA5 Mini-ITXマザーボードは、機能強化が図られた優れたセキュリティ性およびリアルタイム演算能力、さらに IoTデバイス内蔵システムとの同期能力を持ち合わせています。これらの機能は、デジタルビデオ監視システム、ビジョンベースのロボット、インダストリー4.0接続デバイス、トラフィック制御およびスマートグリッド、さらに船舶・飛行機・電車・自動車他さまざまな環境で接続されているさまざまな演算ノードといったインターネット接続型アプリケーションにとって、非常に重要です。

「新ボードでは、業界トップの広い動作温度範囲(-40℃~85℃)を改めてサポートしています。その結果、すべての旧式のBay Trail プロセッサベースの製品は、仕様が強化されパフォーマンスが格段に向上した新しいプロセッシングコアに切り替えることが可能です。これにより、新世代のマザーボードとシングルボードコンピュータ(SBC)は、前世代のBraswellプロセッサベースのマザーボードとシングルボードコンピュータ(SBC)よりもさらにはるかに魅力的なシステムを作れることになります。」と、マーティン・ダンザー(Martin Danzer)は説明します。「当社のThin Mini-ITXボードに搭載されている新しい SIMカードソケットは、数百Mbit/sの広い範囲の通信速度やこれから普及が見込まれる仮想化された4G/5Gネットワークに対応した、非常に高速で新しい携帯端末接続方法を可能にするため、IoT設計者にとってとりわけ関心の高くなるものと言えます。」

・仕様の詳細
congatecの新しいconga-IA5 Thin Mini-ITXボードと、同じく薄型設計のconga-PA5 Pico-ITXシングルボードコンピュータ(SBC)は、業界トップの広い動作温度範囲(-40℃~85℃)に対応した、とりわけエネルギー効率性の高いIntel® Atom™ プロセッサ E3930/E3940/ E3950、または、よりパワフルな省電力のデュアルコアIntel® Celeron® N3350およびクアッドコアIntel® Pentium® N4200 プロセッサのいずれかを搭載しています。

すべてのタイプにおいて最大18個の実行ユニット装備の高性能Intel® Gen 9 Graphicsを備え、かつ、2つのDP++ポートを介して最大3つまで個別に接続可能な、4k/60Hz完全対応およびデュアルチャネル LVDS装備の高精細4kディスプレイをサポートしています。conga-IA5は、コストに敏感なアプリケーション用として最大8GB DDR3Lの省電力メモリを備えています。一方、conga-PA5 は、最大通信速度 2,400 MT/sの8GB LPDDR4 メモリを備えています。IoT接続と一般的な機能拡張については、2つのギガビットイーサネット、1つのmPCIeポート、3つのUSB 3.0ポートおよび最大の3つのUSB 2.0ポートで対応します。また、2つのシリアルインターフェース(RS232/RS422/RS485)および8つのGPIOポートを介して、周辺機器も増設できます。さらに、2つのMIPI CSIカメラ入力端子を備えています。ストレージメディアの集積については、両ボードともに2つのSATA Gen 3.0 6 Gbpsインターフェースおよび1つのMicro SDカードスロットを備えています。また、音声信号は HDAを介して送られます。セキュリティに敏感なアプリケーションについては、シングルボードコンピュータ(SBC)両ファミリーともにTPM 2.0チップを備えています。

より大きい外形仕様のconga-IA5 Thin Mini-ITXマザーボードは、クラウドおよびIoTに直接WAN接続するための1つのSIMカードソケット、ゲーミング/ベンディングアプリケーションに必要なccTalkインターフェースおよびSPIインターフェース、ストレージメディアと、OTG USB 3.0メモリ用の追加 M.2スロットを含む、その他のインターフェースを備えています。Pico-ITXシングルボードコンピュータ(SBC)は、過酷な環境で使用される、サイズが重要な要素となるデバイス向けに設計されており、USB 3.0 Type C、Power Delivery、およびDP++のそれぞれの規格に対応しています。

新しいMini-ITXマザーボードとPico-ITXシングルボードコンピュータ(SBC)は、Windows 10 IoTバージョンやWindriver VxWorksを含むWindows 10、Androidおよび一般的な Linuxバージョンをサポートしています。これらの新しい組み込みボードのデザインインを簡略化するために、congatecでは、最適化された冷却システム、I/Oパネルおよびケーブルセットを含む包括的なアドオンの選択肢も提供しています。

新しいconga-IA5 Thin Mini-ITXマザーボードの詳細については、以下へアクセスしてください:
http://www.congatec.com/en/products/mini-itx-single-board-computer/conga-ia5.html

新しい conga-PA5 Pico-ITXシングルボードの詳細については、以下へアクセスしてください:
http://www.congatec.com/products/pico-itx/conga-pa5.html