製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

【カタログプレビュー】高速可変ピコ秒MOPAレーザー

本製品は、プログラム可能な可変レーザーとMOPA(Master Oscillateor Power Amplifier)を組み合わせ、ひとつのファイバーから同期発振をすることができるシンクロナイズドレーザーシステム。使用するMOPAレーザーとピコ秒レーザーは、同時または選択的に使用可能であり、コヒーレントアンチストロークラマン散乱(CARS)、差/和周波発生(Difference/Sum Frequency Generation)などの2色ポンプ・プロープ実験の光源として最適。さらに、レーザーチューニング中でも同期発振はそのまま維持されるため、ディザオプションを取り入れることで誘導ラマン散乱(SRS)に使用することもできる。完全コンピュータ制御で、波長・パルス幅・パワー・波長スイープなどの各パラメーターをマイクロ秒内という高速でダイナミックに調整可能であり、この機能はレーザーの動作中でも容易に動作する。また、2つのレーザー間のディレイも電気的に調節可能。
企業ロゴ

企業基本情報

社名:
(株)日本レーザー
住所:
〒 169-0051
東京都 新宿区西早稲田2-14-1
Web:
https://www.japanlaser.jp

おすすめ情報

  • NKT Photonics社製【高出力ピコ秒ファイバレーザー aeroPULSE】

    【aeroPULSE】は、世界的に高い実績のある結晶ファイバを用いた、オールファイバ構成のコンパクトなモードロックパルスファイバレーザーである。標準保証期間は2年間。完全モジュール式、簡単操作のターンキーシステムで、高い柔軟性と長い稼働時間を保証している。

  • 米CytoViva社製【ナノ分光イメージングシステム“HSI”】

    ナノ領域生物サンプルの観測およびその顕微分光イメージの取得のため、CytoViva社製のHRAナノイメージングアダプタと顕微分光ユニットを組み合わせ、ナノ領域での顕微分光イメージングシステムの開発を行った結果、完成したのが本製品です。

    本製品は、あらかじめ取得したナノ粒子の分光情報から、サンプル内でのナノ粒子分布イメージングの取得が可能です。
    通常環境下での測定が行える光学顕微鏡を基本としたシステムのため、環境チャンバーと組み合わせることによって、生物サンプルの長時間ナノイメージング観察も可能です。