製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

高分解能3チャンネル光学インクリメンタル・エンコーダ・モジュール AEDT-981X

BROADCOM

最終更新日:2017/05/22

このページを印刷
  • 高分解能3チャンネル光学インクリメンタル・エンコーダ・モジュール AEDT-981X
安定した高品質なエンコーディング出力を提供
【AEDT-981X】は、頑強で高精度なモーション・コントロール・アプリケーション向けに設計された高分解能3チャンネル光学インクリメンタル・エンコーダ・モジュール・シリーズ。HEDS-914xシリーズと同じパッケージを踏襲し、光学半径11mmのコードホイールによって1,000~5,000カウント/回転(CPR)の広範囲のエンコーディング分解能を実現する高性能逓倍回路を内蔵している。モジュール・シリーズは、動作温度:-40~+115℃で、産業用途に最適。LED輝度自己調節機能を備え、使用環境や取付環境の変化を補正し、常に低消費電流で最適なエンコーダ性能を維持。0.4mmの広い取付公差と+/-0.15mmのコードホイール・ギャップ範囲を有し、モータ・シャフトとの容易なアラインメントが可能。

その他の情報

    ・デックス・パルス出力付きデュアルチャンネル直角位相出力
    ・1チャンネル当たり出力シンク/ソース電流が±5mAのシングルエンド出力
    ・エンコーディング分解能:1,000、1,024、1,250、2,000、2,048、2,500、4,000、4,096および5,000CPR
    ・低消費電力(標準20mA Icc)
    ・信号調整不要
    ・従来のHEDS-9xxxシリーズとピン互換
    ・取付公差:φ0.40mm
    ・コードホイール・ギャップ範囲:+/-0.15mm
    ・耐ESD性HBM 4kV(JESD22-A114D)
    ・小型パッケージ:26.67(L)×20.8(W)×10.16(H)mm

会社情報

BROADCOM

AT&T / Bell Labs、Lucent、およびHewlett-Packard / Agilentの豊富な技術資産をルーツとするBroadcomは、私たちの世界をつなぐテクノロジーに焦点を当てています。 業界をリードして来たAvago Technologies、LSI、Broadcom Corporation、Brocade、CA Technologiesのシナジーにより、業界を未来に導く規模、範囲、および技術力を備えています。

Broadcomは、テクノロジー・リーダーシップと、カテゴリをリードする半導体およびインフラストラクチャ・ソフトウェア・ソリューションに注力しています。 そして、世界で最も成功している企業にサービスを提供する多数の製品セグメントのグローバル・リーダーとして、お客様が常に変化する環境でビジネスを成功・成長できるようソリューションを提供いたします。

(本サイトは、半導体製品の情報専用です。)

BROADCOM
〒 153-0042  目黒区青葉台4-7-7 青葉台ヒルズ7F

https://jp.broadcom.com/
詳細はこちら

お問い合わせ

お問い合わせの内容によっては、お返事に時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承ください。

高分解能3チャンネル光学インクリメンタル・エンコーダ・モジュール AEDT-981Xへのお問い合わせ

以下の内容で間違いがないかご確認いただき、「送信」ボタンを押してください。

至急 / 通常

希望内容

要望事項

企業ロゴ

企業基本情報

社名:
BROADCOM
住所:
〒 153-0042
目黒区青葉台4-7-7 青葉台ヒルズ7F
Web:
https://jp.broadcom.com/

おすすめ情報

  • 5Aピーク出力電流 短絡保護付きスマートIGBTゲート駆動フォトカプラ ACPL-351J/350J

    <5Aピーク出力電流 短絡保護付きスマートIGBTゲート駆動フォトカプラ ACPL-351J/350J>

    【ACPL-351J/350J】は、IGBT/MOSFETの診断、保護、および非絶縁型FAULTフィードバック付き5A出力高CMRのゲート駆動フォトカプラ。高いピーク出力電流と広い動作電圧範囲により、出力バッファ回路が不要になり、優れたタイミングスキューで伝播遅延を最小限に抑える。FAULTフィードバックを非絶縁としたことにより、費用対効果が柔軟になる。ACPL-350Jは、3Aピーク出力電流タイプ。

  • 光学反射型 STアブソリュート・エンコーダIC AR18/35

    シングルターン(ST)アブソリュート情報をDFNパッケージで提供

    【AR-18/35】は、光学反射型STアブソリュートエンコーダICと反射円板の組み合わせた製品。最低限の外付け部品(フィルター用のコンデンサ)で、1回転内を最大21bit分解能でアブソリュート情報を出力する。出力も簡単なSSI出力とESL(Encoder Serial Protcol)半二重通信の2種類から選択可能。また、アブソリュート情報出力だけでなく、最大8192CPRのインクリメンタル信号と最大64ポールUVW信号を、すべて作動信号(RS485互換)で出力する。動作電圧は5Vか3.3Vを選択。動作温度範囲は-40~+115℃で、サーボモータからステッピングモータまで一般産業用途で使われているモータに使用できる。外形:10.9×9.1×1.5mm。