製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

危険領域判定

アンドール(株)

最終更新日:2021/02/22

このページを印刷
  • 危険領域判定
ディープラーニングによる Pose(人の骨格認証)技術を利用
アンドールは、ディープラーニングによるPose(人の骨格認証)技術を利用した危険領域判定システムを開発した。カメラからの画像から人の位置を推定し、あらかじめ設定した危険領域に近づくとアラームを発する。平面(2次元)での判定しか行えないPOSE技術のほか、Depth(深度推定)の技術を併用することにより、立体(3次元)での判定を実現。事前に設定した危険領域と人物の胸の位置をリアルタイムで比較し、危険領域の場合には胸のマーカを緑から赤に変更する。危険領域はドアの外部のほか、ドアを通過するときのみなど、一定の奥行のみの指定も可能。の指定も可能です。

動画

製品カタログ・資料

エッジAIの取組み
エッジAIの取組み

ファイル形式:pdf ファイルサイズ:0.87MB専門の技術者が対応! エッジAIとは?クラウドを利用したAI処理を、データのある場所(エッジ)で処理します。 エッジAIのメリット 1.低コスト 2.リアルタイム処理 3.安全性が高い 4.プロセスの最適化

会社情報

アンドール(株)

アンドールが得意とする図形処理技術を活用し、一般的なソフトハウスでは対応不可能な高度な問題への解決策を提案いたします。
CADSUPERシリーズのCAD製品及びCAM商品の一層の機能強化とともに新分野の市場をターゲットとした製品も続々と投入してまいります。
CAD/CAM製品開発で蓄積された図面処理技術を活用したお客様独自のシステム開発や多様なニーズに対応するソフト群とともにお客様のニーズに応えるソリューションを展開しております。

アンドール(株)
〒 154-0001  世田谷区池尻3-1-3 MUTOH池尻ビル
電話 : 03-3419-6011

https://www.andor.co.jp/
詳細はこちら

お問い合わせ

お問い合わせの内容によっては、お返事に時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承ください。

危険領域判定へのお問い合わせ

以下の内容で間違いがないかご確認いただき、「送信」ボタンを押してください。

至急 / 通常

希望内容

要望事項

企業ロゴ

新着製品情報

自動体温測定システム
自動体温測定システムアンドール(株)
SPIフラッシュプログラマ FP-30
SPIフラッシュプログラマ FP-30(株)コンピューテックス

ランキング

自動体温測定システム
自動体温測定システムアンドール(株)

企業基本情報

社名:
アンドール(株)
住所:
〒 154-0001
世田谷区池尻3-1-3 MUTOH池尻ビル
Web:
https://www.andor.co.jp/
TEL:
03-3419-6011

おすすめ情報

  • 検査表システム

         <検査表システム>

    本製品は、CAD図面(DXF/DWG)から検査表を自動作成するシステム。検査開始ボタンにより、判定「OK/NG」、出力が簡単に行える。寸法線全体を囲んで選ぶだけで寸法線属性を自動抽出し、検査表を作成。「番号表示」をオンにすると、寸法線一覧の番号を寸法文字の近辺に表示。「寸法置換」をオンにすると、番号表示で表示していたバルーンのみを図面内に作図する。

  •    <2D/3D統合CADシステム>

    【CADSUPER Works】は、既存の2次元図面資産を有効活用でき、容易な操作で3次元モデリングが行える統合CAD。2次元CAD感覚のモデリング技法で、三面図・六面図からモデルを作成。数値を入力することなく、線や円弧の要素を指定するだけでモデルを作成でき、直感的な操作が可能。