製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

騒音計専用プリンタ

(株)アコー

最終更新日:2019/12/12

このページを印刷
  • 騒音計専用プリンタ
容易なデータ整理でPC不要
本製品は、測定データをグラフ化して出力可能な普通騒音計 TYPE6226/精密騒音計 TYPE6224/振動レベル計 TYPE3233専用のプリンタ。メモリに記録された測定データを直接プリントアウト、PCのない場所でも基本的なデータ整理を行うことができる。出力用のソフトウエアは騒音計本体のROMに記録されており、インターフェイスはそれぞれ騒音計側I/F:専用コネクタ、プリンタ側I/F:パラレルポートにて接続。

製品カタログ・資料

騒音計専用プリンタ
騒音計専用プリンタ

ファイル形式:pdf ファイルサイズ:2.09MB本製品は、測定データをグラフ化して出力可能な普通騒音計 TYPE6226/精密騒音計 TYPE6224/振動レベル計 TYPE3233専用のプリンタ。メモリに記録された測定データを直接プリントアウト、PCのない場所でも基本的なデータ整理を行うことができる。出力用のソフトウエアは騒音計本体のROMに記録されており、インターフェイスはそれぞれ騒音計側I/F:専用コネクタ、プリンタ側I/F:パラレルポートにて接続。

会社情報

(株)アコー

株式会社アコーは、1972年に音響計測機器メーカーとして設立され、ユーザー各企業様や各大学の研究機関と協力し、研究開発を重ね数々の実績を上げてきました。 その実績を元に'77年には振動計測部門への進出を図り、センサー業界では国内でも屈指の企業へと発展し続けています。 1976年から輸出を開始。現在、アメリカ、イギリス、ドイツ、韓国、台湾など世界各国へ進出し、海外でも“センサーのアコー"として高い評価を受けております。1988年2月には、九州の宮崎に新工場と技術研究所を設立し、最新の設備と人材により新製品の開発や品質の向上を図っています。

(株)アコー
〒 192-0352  八王子市大塚85-1

http://www.aco-japan.co.jp/
詳細はこちら

お問い合わせ

お問い合わせの内容によっては、お返事に時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承ください。

騒音計専用プリンタへのお問い合わせ

以下の内容で間違いがないかご確認いただき、「送信」ボタンを押してください。

至急 / 通常

希望内容

要望事項

企業ロゴ

ランキング

段ボール用プリンタ(印字機) ドミノGシリーズ iTech G20i
段ボール用プリンタ(印字機) ドミノGシリーズ iTech …ブラザーインダストリアルプリンティング株式会社
産業用インクジェットプリンタ Gravis UXシリーズ ヘッド洗浄ユニット付モデル
産業用インクジェットプリンタ Gravis UXシリーズ ヘ…(株)日立産機システム
3Dプリンタ Raise3D Pro2
3Dプリンタ Raise3D Pro2アンドール(株)
【A3標準】インクジェット複合機『MFC-J5630CDW』
【A3標準】インクジェット複合機『MFC-J5630CDW』ブラザー販売(株)
3Dプリンタ CreatorPro
3Dプリンタ CreatorProホッティーポリマー(株)
サーマルプリンタ FTP-66EMCL151
サーマルプリンタ FTP-66EMCL151富士通コンポーネント(株)
騒音計専用プリンタ
騒音計専用プリンタ(株)アコー
サーモフィットマーキングシステム
サーモフィットマーキングシステムタイコ エレクトロニクス ジャパン(同)
ポータブルサーマルプリンター HD40.1
ポータブルサーマルプリンター HD40.1(株)サカキコーポレーション

おすすめ情報

  • ハンドヘルド型オーディオ&アコースティックアナライザ TYPE6240

    TYPE6240は、最先端のサウンドレベルメータ、多機能なアコースティックアナライザ、高精度なオーディアナライザで構成されています。従来の測定器にはない幅広い機能を装備することにより、音響設備や非常用放送システムの設置、ライブサウンドイベント、騒音モニタリング、建築音響、労働環境衛生、品質管理といった専門分野のアプリケーションに対応します。

  • 小型3軸10mm×10mmキュービック加速度ピックアップ登場

    加速度ピックアップは機械や装置などの振動体に固定あるいは接触させて加速度や振動を検出するセンサーです。
    アコーの加速度ピックアップは、一円玉の1/5(0.2g)のTYPE 7302、温度範囲はタイプにより−50〜+160℃まで、あらゆるニーズに応えられる様々なタイプを揃えております。
    プリアンプ内蔵型は高価なチャージアンプが不要でローノイズケーブルを延長することができ、測定コストの削減につながります。