製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

超低侵襲型圧力センサ IntraSense

タイコ エレクトロニクス ジャパン(同)

最終更新日:2022/01/18

このページを印刷
  • 超低侵襲型圧力センサ IntraSense
体内のあらゆる部位の圧力を正確に検知
【IntraSense】は、体内の変化する環境で複雑な圧力測定値を取得するように設計された超低侵襲型圧力センサ。抵抗MEMS技術とセンサをカプセル化したワイヤ/パッド接合部が封入されているため、機器への組込みが容易。1フレンチサイズに適合し、カテーテルとチューブのサイズを変えずに、既存の機器へ圧力機能を追加できる。測定範囲:750×220×75μm、圧力範囲:460~1260mmHg、供給電圧:2.4V。ゲルを追加することなく使用でき、滅菌中やセンサ検出部の金属露出時に脆化しない。光感受性を低減する遮光タイプを選択可能。

会社情報

タイコ エレクトロニクス ジャパン(同)

TE Connectivityは、様々な産業において世界を牽引する年間売上130憶米ドルのインダストリアル・テクノロジーリーダーです。より安全で持続可能な社会の実現、より豊かな、つながる未来の創造に貢献しています。TEのコネクティビティおよびセンサソリューションは、広範囲の分野にまたがり、過酷な環境下において機能が立証されており、自動車、産業機器、メディカル、エナジー、データ・コミュニケーションからスマートホームに至る様々な産業の発展に寄与しています。8,000名を超える設計エンジニアを含む約80,000名の従業員を擁するTE Connectivityは、世界約150カ国のお客様とパートナーシップを結び、『EVERY CONNECTION COUNTS』(私たちは、すべてのつながりを大切にします)という理念の下、これからも皆さまのビジネスをサポートし続けます。詳細www.te.comや各種SNS(LINE, LinkedIn, Facebook, Twitter)をご覧ください。
タイコエレクトロニクスジャパン合同会社は、TE Connectivityの日本法人です。

タイコ エレクトロニクス ジャパン(同)
〒 213-8535  川崎市高津区久本3-5-8
電話 : 04-4844-8052

https://www.te.com/seihin_navi/
詳細はこちら

お問い合わせ

お問い合わせの内容によっては、お返事に時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承ください。

超低侵襲型圧力センサ IntraSenseへのお問い合わせ

以下の内容で間違いがないかご確認いただき、「送信」ボタンを押してください。

至急 / 通常

希望内容

要望事項

企業ロゴ

新着製品情報

IO-Link対応圧力センサ Cerabar M PMC51
IO-Link対応圧力センサ Cerabar M PMC51エンドレスハウザー ジャパン(株)
Scanivalve社製 イーサネット圧力スキャナ DSA5000
Scanivalve社製 イーサネット圧力スキャナ DSA5000(株)大手技研
差圧スイッチ LE32
差圧スイッチ LE32オールデバイス株式会社
薄膜感圧センサ
薄膜感圧センサ(株)スーパーファクトリー
アナログ ターボMAPセンサ XENSIV KP226E3408
アナログ ターボMAPセンサ XENSIV KP226E3408インフィニオン テクノロジーズ ジャパン(株)

企業基本情報

社名:
タイコ エレクトロニクス ジャパン(同)
住所:
〒 213-8535
川崎市高津区久本3-5-8
Web:
https://www.te.com/seihin_navi/
TEL:
04-4844-8052

おすすめ情報

  • <高電流対応コネクタ AMP+ HVP 800>

    フィンガープロテクション機能を満たし、850V/200Aに対応可能な2・3極の大電流コネクタ。-40℃から使用でき、適用電線範囲は最大50mm2と広い。脱着はラッチ機構を兼ねたレバー操作にて行え、工具不要で、簡単かつ迅速な作業が可能。プラグの嵌合方向が90°と180°の2タイプを用意しており、ケーブルの引き出し方向に合わせて選択できる。

  • <AMPLIVAR端子専用ターミネータ>

    圧着品質管理モニタ(CQM II)を搭載し、クリンプハイトの自動切り換えが可能なAMPLIVAR端子専用ターミネータ。1シーケンスには登録された圧着パターンから最大7種類まで設定可能、圧着パターンおよびシーケンスの登録数はいずれも約1,000個。また、クリンプハイトの調節や確認に便利な圧着品質モニタの搭載により、作業中のクリンプハイトとクリンプ力をリアルタイムで確認できるとともに、生産データおよび圧着状態の保存・印刷にも対応、作業効率の向上に貢献する。