製品ナビは、工業製品からエレクトロニクス、IT製品まで、探している製品が見つかります

量子効率測定装置 IQE-200

(株)日本レーザー

最終更新日:2020/05/16

このページを印刷
  • 量子効率測定装置 IQE-200
外部・内部量子効率を同時測定できる経済的なソリューション
【IQE-200】は、外部量子効率(EQE)と内部量子効率(IQE)を同時に測定できるOriel Instruments社の量子効率測定装置。正反射率、スペクトル応答性、接合電流、拡散反射率の測定も行える。使いやすいソフトウェアアプリケーションで、全チャンネルのシステムコマンド・測定・結果表示をサポート。AC/DCモード測定システムで、さまざまな太陽電池タイプに対応できる。特許申請中の光学デザインにより、ディテクタやサンプルの再配置が不要。測定対象のセルタイプに応じて、波長域・測定方法、また種々のアクセサリを選択できる。標準試験法ASTM規格E1021-12準拠。特注システムにも対応。

その他の情報

    ■高速・高精度・高再現性のターンキーシステム
    ■太陽電池、フォトダイオード、光電流デバイスのEQE(外部量子効率)& IQE(内部量子効率)測定
    ■便利なアクセサリ:TE冷却真空チャック、光バイアスツール、XYステージなど

会社情報

(株)日本レーザー

レーザー専門商社の草分けとして1968年から研究・開発者のニーズにお応えしてきた当社は、世界のトップクラスメーカーとの製品の輸出入、最先端理科学用レーザーから汎用性の高いレーザー装置のご提案など、いわば“グローバル・コミュニケーション”を構築しています。

日本レーザーは、多彩なレーザー発振器と周辺機器、これらレーザー光を応用した計測・解析・加工の各種目的に応じた装置、さらに幅広く光関連の機器・装置まで、豊富な製品をラインアップして皆様の要望にお応えすべく努めています。

(株)日本レーザー
〒 169-0051  新宿区西早稲田2-14-1

https://www.japanlaser.jp
詳細はこちら

お問い合わせ

お問い合わせの内容によっては、お返事に時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承ください。

量子効率測定装置 IQE-200へのお問い合わせ

以下の内容で間違いがないかご確認いただき、「送信」ボタンを押してください。

至急 / 通常

希望内容

要望事項

企業ロゴ

新着製品情報

企業基本情報

社名:
(株)日本レーザー
住所:
〒 169-0051
新宿区西早稲田2-14-1
Web:
https://www.japanlaser.jp

おすすめ情報

  • NKT Photonics社製【高出力ピコ秒ファイバレーザー aeroPULSE】

    【aeroPULSE】は、世界的に高い実績のある結晶ファイバを用いた、オールファイバ構成のコンパクトなモードロックパルスファイバレーザーである。標準保証期間は2年間。完全モジュール式、簡単操作のターンキーシステムで、高い柔軟性と長い稼働時間を保証している。

  • 米CytoViva社製【ナノ分光イメージングシステム“HSI”】

    ナノ領域生物サンプルの観測およびその顕微分光イメージの取得のため、CytoViva社製のHRAナノイメージングアダプタと顕微分光ユニットを組み合わせ、ナノ領域での顕微分光イメージングシステムの開発を行った結果、完成したのが本製品です。

    本製品は、あらかじめ取得したナノ粒子の分光情報から、サンプル内でのナノ粒子分布イメージングの取得が可能です。
    通常環境下での測定が行える光学顕微鏡を基本としたシステムのため、環境チャンバーと組み合わせることによって、生物サンプルの長時間ナノイメージング観察も可能です。