PR
⇒⇒⇒セキュアなワイヤレスIoTをお求めですか?
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ

入出力ともフルスペック4Kに対応する4画面合成プロセッサ

2019/03/20

(株)アイ・ディ・ケイ

株式会社アイ・ディ・ケイは、あらたな4K対応製品ラインアップとして、入出力ともに4K@60、HDCP 2.2に対応する4画面合成プロセッサICP-401UHDの販売を2019年4月より開始します。ICP-401UHDは、最大4入力の映像信号を、任意のレイアウトで1画面に合成できる4画面合成プロセッサです。入力された映像信号は、最大4K@60の解像度に変換し、HDMI信号で出力します。
画面合成プロセッサに求められるタイトル文字表示、合成パターン登録、LAN経由で全機能をブラウザから簡単制御できるGUIを備えています。また、アイ・ディ・ケイ独自機能であるアンチストーム(1)やコネクションリセット(2)などのユーザビリティにすぐれた機能も搭載しています。

すでに販売中である4K対応デジタルマトリクススイッチャ FDX-UHDシリーズとICP-401UHDの組み合わせで、高解像度化が進む公共監視市場や、医療分野などの4K化ニーズに対応するシステム構築が可能です。


主な特長

■映像
・最大解像度 4K@60 (4:4:4)
・HDCP 1.4 / 2.2 対応
・完全シームレス切換(単画面表示のとき)

■音声
・入力 4系統 2チャンネルリニアPCM
・出力 1系統 2チャンネルリニアPCM

■画面合成
・最大4入力映像の4画面合成出力
・ウインドウごとの設定
-バックカラー
-表示優先順位
-表示ON/OFF
-ポジション、サイズ
-タイトル文字表示(16文字)
・合成パターン登録機能(32パターン)

■制御入力
・LAN

詳細は下記HPでご覧いただけます
http://www.idk.co.jp/products/detail.php?id=776