CoaXPress I/F対応画像入力ボード APX-3664A-E7

(株)アバールデータ

CoaXPress Quadカメラに対応

【APX-3664A-E7】は、ALTERA社製FPGAによりカスタマイズした画像処理を搭載できるCoaXPressインターフェース画像入力処理ボード。同軸ケーブル1本でビデオ、制御、電源を転送し、同軸ケーブル4本で最大25Gbit/sの高速伝送を達成。PCI Express 2.0(Gen2)5GT/S×8レーン対応。CoaXPressのQuadカメラ1台またはDualカメラ2台、もしくはSingleカメラ2台を接続できる。オンボード上にFIFOメモリやWorkメモリとして使用可能なDDR3 SO-DIMMを装着。フロントパネルのLEDで、カメラの状態確認も行える。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ

仕様

型番 APX-3664A-E7
寸法 183×111.15mm(突起物含まず)

その他の情報

《主な特長》
・カメラ入力はCXP Quadに対応、同軸ケーブル4本で最大25Gbit/sの高速伝送
・同軸ケーブル1本でビデオ、制御、電源を転送
・フロントパネルのLEDでカメラの状態を確認
・画像バッファとしてDDR3メモリを2GB搭載
・エンコーダ信号入力(RS-422)による画像入力制御が可能
・画像入力制御/エンコーダ開始用外部トリガ(TTLまたはオープンコレクタ)を装備し、外部のタイミングでの画像入力開始が可能
・外部機器とのI/F用に汎用入出力ピン(TTLまたはオープンコレクタ)を装備
・ALTERA(5AGME7H2F35C3N)社FPGAを採用、ユーザーによる画像処理回路の開発可能
・システムbusはPCI Express 2.0(Gen2)5GT/S×8となっており、DMAでPCへ高速転送した場合に3.2GByte/sec(平均)のハイパフォーマンスで転送
・RoHS対応製品

その他のカタログ

14Gbps×2ch搭載 高速光通信ボード

14Gbps×2ch対応GiGA CHANNEL ボードAPX-7142(開発中)。 装置間の大容量データ通信を可能にするGiGA CHANNEL。各ノードに搭載したギガチャネル製品上の共有メモリを光ファイバケーブルでル...

会社情報

(株)アバールデータ

アバールデータは、高い信頼性が要求される産業用分野で蓄積した豊富なノウハウをベースに、高度なコア・デバイス技術と最新の設計技術、ソフトウェア技術でお客様の問題解決をお手伝いします。パフォーマンス追求のためにLSI・FPGAを独自開発、製品に駆使するモジュール設計技術、リアルタイムOS移植からシステムのあらゆる階層に対応するソフトウェア開発技術、さらにマシンビジョン系画像処理や通信・ネットワークなど当社ならではの技術を融合して、お客様のビジネスをバックアップします。

(株)アバールデータ
〒1940023
東京都 町田市旭町1-25-10
電話: 0427321030
http://www.avaldata.co.jp/