新時代情報処理プロセッサ、メモリズムプロセッサの実用化を推進する株式会社エイ・オー・テクノロジーズとの業務・資本提携を開始

2017/11/14

(株)アバールデータ

株式会社エイ・オー・テクノロジーズ(以下AOTといいます)は今後のIT技術を刷新するメモリズムプロセッサの研究開発・実用化を目的に設立された会社です。
メモリズムプロセッサは、ASIC 化はもとよりFPGAでも実装可能な技術であり、その応用範囲は膨大です。

弊社はAOTとの業務・資本提携により、弊社の得意分野である画像処理や高速通信の製品をさらなる高速化・省電力化、およびビッグデータ、人工知能(AI)などの情報処理の平易化 が可能となり、これによりこれまで実現が困難であったデータ処理への総合的な解決策を提供いたします。
算術演算を目的として誕生した現在のコンピュータ(ノイマン型コンピュータ)は、汎用性が高くあらゆる分野の情報処理に利用されておりますが、データ(メモリ)とプロセッサ(CPU)が分離された構成であるので効率が悪く苦手な処理が沢山存在します。

メモリズムプロセッサはビッグデータ社会や人工知能社会に必要不可欠な検索・照合・認証・認識・クラス分けなど情報検出を含む情報処理の効率化のために発明されたプロセッサ(国内、海外特許取得)です。大量のデータ(メモリ)と演算器(GAP)を1チップに集積することによりチップ内部でCPUに負担を掛けることなく、情報処理を 超並列で実行する事が可能です。これまでのコンピュータにメモリズムプロセッサを組み合わせるだけであらゆる情報処理システムを進化革新させることが可能になります。

メモリズムプロセッサはこれまで電気通信大学範研究室との共同研究により高速化や省電力化、情報処理の平易化など著しい成果を挙げIEEEや計測制御学会などの学会はもとより、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)やJST(科学技術振興機構)などの機関から高い評価を受けると共に、現在の情報処理に限界を感じている専門家から大きな期待を受けて様々な分野の研究開発が進められております。

詳しくはこちら →  http://www.avaldata.co.jp/sites/default/files/news_release_20171114.pdf