PR
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ
i.MX 8X ベースIoTエッジコンピューティング開発キット

「HMP9 極細湿度温度プローブ」を新発売

2019/07/19

ヴァイサラ株式会社

~急速な変化が伴う環境での湿度計測用の極細スマートプローブ~

 ヴァイサラ株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役:ヴェリ・ソレフマイネン、以下ヴァイサラ)は、素早い熱応答性や計測性能、長期安定性が重要となる工業用途向けに設計された、応答性に優れた極細スマートプローブ、「HMP9 極細湿度温度プローブ」(以下、HMP9)を本日より販売開始いたします。本体価格は185,000円(税抜き)です。

■ 応答性に優れた極細プローブ
 HMP9は、計測精度と熱応答時間に優れた湿度温度プローブであり、直径5mm、重さわずか数グラムの極細プローブヘッドが特長です。プローブの熱質量が低いため、一般的な静電容量式の湿度計測機器と比較して優れた応答時間を提供します。極細のプローブヘッドは、環境の変化に迅速に応答するだけでなく、狭いスペースでの設置にも適しているため、従来のサイズのプローブでは収まらない場所での計測が可能になります。

 本プローブは、急速な変化を伴う環境や結露する環境向けに設計されています。ドライヤー、空気処理装置、環境チャンバーの他、湿度管理を行うことで省エネ効果、製品やプロセスの改善につながる可能性があるシステムやプロセス向けに最適化されています。また、正確な温湿度計測が重要となる、温度が+120℃以下で高圧にならない用途や環境においても付加価値をもたらします。

 HMP9は相対湿度と温度に加え、露点温度、湿球温度、絶対湿度、混合比、ppmv、水蒸気圧、エンタルピーなど、湿度関連の演算パラメータも提供します。

■ HUMICAP®センサを内蔵
 HMP9のプローブヘッドには、業界標準の湿度計測性能を提供するHUMICAP®センサが内蔵されています。本センサはケミカルパージ機能を備えています。ケミカルパージとは、センサを加温して有害な化学物質を除去するプロセスであり、次の校正までの間の計測精度を維持するのに役立ちます。

■ Indigo製品シリーズの新製品
 この度新しく発売されたHMP9は、「ヴァイサラ Indigo製品シリーズ」のラインアップに加わります。本プローブは、計測結果をディスプレイに表示することや、アナログ出力やデジタル出力が可能な「Indigo 200シリーズ ホストデバイス」とプラグアンドプレイでの互換性があります。また、単独でデジタルModbus RTU変換器として使用することもできます。ヴァイサラ Insightソフトウェアに接続することで、機能設定、データアクセスなどが容易に行え、校正作業もこれまで以上にスムーズに実施できます。

※HMP9の詳細についてはこちらを参照してください。

■ ヴァイサラ Indigo製品シリーズについて
 ヴァイサラ Indigo製品シリーズには、交換可能で高性能な計測プローブ、オプションのホストデバイス、ヴァイサラ Insightソフトウェアがあります。これらのプローブは、多くの実績を誇るセンサ技術であるヴァイサラHUMICAP®、CARBOCAP®、PEROXCAP®などを擁しています。これらのセンサ技術は、最新の産業プロセスにおいて業界屈指の性能を担保するために、絶えず開発を行っています。ヴァイサラ Indigo製品シリーズは、工場や産業プロセス、装置中における湿度、温度、二酸化炭素、過酸化水素蒸気などの計測に最適です。詳細はwww.vaisala.com/ja/indigoをご覧ください。

● HUMICAP、CARBOCAP、PEROXCAPはヴァイサラ社の商標です。
● 本報道発表資料に記載されている内容は発表日現在の情報であり、予告なく変更される場合があります。