PR
◆耐摩耗性、メンテナンス性、高粘度液・高濃度スラリーの移送に優れたスラリーポンプ
【緊急アンケート】「IoT向け通信規格、日本対応どれにする?」

新構造による低コスト、高精度のプレス防爆弁を開発

2017/11/16

SMK(株)

~リチウムイオン電池市場へ参入~

 当社はこのほど、リチウムイオン電池向けの「プレス防爆弁」を開発し、受注活動を開始しました。本製品は、プレス工程の少ないシンプルな構造で、低コストかつ高い安定性、信頼性を実現しています。(特許取得済み)
 近年、世界的な環境規制の高まりを背景として電気自動車(EV)へのシフトが加速する中、搭載されるリチウムイオン電池の市場も大幅な拡大が見込まれています。

 リチウムイオン電池の課題の一つと言われている安全性の向上に貢献するため、従来のコネクタ、スイッチの製造で培ったプレス技術をベースに電池の安全機構である防爆弁を開発しました。
 製品としての販売の他、関連特許も含めた特許ライセンス契約にも対応する予定です。またバッテリーのその他部品である電極やケースの製造も可能です。
 当社は、リチウムイオン電池市場において、お客様のニーズに応じた様々な形でのソリューションを提案していきます。

*防爆弁:発生したガスによりリチウムイオン電池内部の圧力が異常に高まった場合、弁が破断しガスを逃すことで電池の爆発を防止する機構。
*バッテリーのサイズに応じて防爆弁のサイズを変更することも可能です。

【使用用途】
車載用・産業用・家庭用リチウムイオン電池、キャパシタなど

※リリース詳細はこちらをご覧ください⇒リチウムイオン電池向けの「プレス防爆弁」
PR
■新製品 CATIAデータが扱える国産3DCAD「図脳CAD3D」■
豊富な金属接合材料を取り扱い!お困りのお客様はこちらをクリック! ニホンハンダ(株)