有機ELディスプレイを採用した表示設定形2チャネルコンパクト変換器「M1Eシリーズ」が登場

2017/09/19

(株)エム・システム技研

株式会社エム・システム技研(本社:大阪市西成区南津守、社長:宮道三郎)は、有機ELディスプレイを採用し、2チャネルにおいてアナログ信号の絶縁ができる、表示設定形2チャネルコンパクト変換器「M1Eシリーズ」を2017年10月に発売し、法人向けに販売を開始しますのでお知らせいたします。ラインアップは、直流入力変換器、カップル変換器、測温抵抗体変換器、ポテンショメータ変換器、セルシン変換器の5製品です。
有機ELディスプレイは、高輝度・高コントラストであるため情報の視認性が高く、ミスが許されないループチェック時やメンテナンス時の信号チェックに最適です。また、前面のボタン操作で表示設定が行えます。

写真は、別売りのベース(形式:M1E-BS)を装着。


■表示設定形2チャネルコンパクト変換器「M1Eシリーズ」製品ラインアップ
・直流入力変換器 形式:M1EXV 基本価格:72,000円
・カップル変換器 形式:M1EXT 基本価格:78,000円
・測温抵抗体変換器 形式:M1EXR 基本価格:78,000円
・ポテンショメータ変換器 形式:M1EXM 基本価格:78,000円
・セルシン変換器 形式:M1EXS 基本価格:92,000円

ベース(形式:M1E-BS、基本価格:18,000円)は別売りです。
オプション仕様により加算価格があります。