オープンネットワークに対応したBA(ビルディングオートメーション)用のI/Oカードと一体形入出力ユニットが登場

2019/08/28

(株)エム・システム技研

株式会社エム・システム技研(本社:大阪市西成区南津守、社長:宮道三郎)は、BA用のI/Oカード(電電ポジショナカード(2019年7月発売)、熱量演算カード(2019年2月発売))と一体形入出力ユニット(2019年3月発売)の販売を法人向けに開始しましたのでお知らせいたします。目標販売台数は、年間各1,000台です。
I/Oカードは、専用の通信カードと組合せることでModbus上で使用することができます。また、一体形入出力ユニットは、BA用通信プロトコルであるBACnet MS/TPに対応しています。
・写真は、左から電電ポジショナカード(形式:R3-MEX2)、熱量演算カード(形式:R3S-CM2A)、一体形入出力ユニット(形式:BA8BM-DAC8)


[主な仕様]
■多チャネル組合せ自由形リモートI/O R3シリーズ
電電ポジショナカード(2回路用、SSR内蔵)

電電ポジショナカード(形式:R3-MEX2)は、電動バルブ、電動ダンパなどのアクチュエータの開度を操作します。開度設定値と開度フィードバック信号の値が少なくなる方向にゼロクロス付SSR(ソリッド・ステート・リレー)でモータを駆動して開度を比例制御します。不感帯幅調整、再起動制限タイマが付いています。

形式:R3-MEX2
基本価格:55,000円
     通信2重化 +5,000円
     ・オプション仕様により加算価格があります。
サイズ:幅27.5mm 高さ130mm 奥行109mm
質量:約190g
適合規格:CE


■多チャネル組合せ自由形リモートI/O R3シリーズ
熱量演算カード(コネクタ形スプリング式端子台)

熱量演算カード(形式:R3S-CM2A)は、空調設備の冷水や温水の往還温度の差と流量から、消費された熱量と積算流量、積算熱量を演算します。エネルギー管理のための熱量演算や熱源の台数制御にご利用いただけます。1枚のカードに2チャネル収納しておりコストパフォーマンスにも優れています。

形式:R3S-CM2A
基本価格:60,000円
     通信2重化 +5,000円
     ・オプション仕様により加算価格があります。
サイズ:幅27.5mm 高さ130mm 奥行120mm
質量:約200g


■リモート制御・監視システム BA8シリーズ
接点4点入力、リレー4点出力ユニット(BACnet MS/TP用)

接点4点入力、リレー4点出力ユニット(形式:BA8BM-DAC8)は、通信部、電源部、入出力部が一体になった便利で経済的なオールインワン構造です。RS-485で通信を行うBACnet MS/TPに対応しています。入力は無電圧接点と兼用で積算パルスも入力できます。分電盤などからの電力パルスにもご利用いただけます。
BACnet Testing Laboratory(BTL)が施行する認証試験サービスであるBTL認証を取得しています。

形式:BA8BM-DAC8
基本価格:40,000円
サイズ:幅80.5mm 高さ115mm 奥行73mm
質量:約350g


[経済性と自由度を優先したオープンネットワーク対応のBAコンポーネント]
当社のBAコンポーネントは、Modbus、LONWORKS、BACnetといったオープンネットワークに対応した下記製品を取揃えています。オープンネットワークであれば汎用製品でシステム構築が可能になり、省エネ対策はもちろんのこと、ライフサイクルコスト(イニシャルコスト、ランニングコスト)の削減に貢献します。

・オープンネットワークDDC BA3シリーズ
・一体形コントローラ BA40シリーズ
・多チャネル組合せ自由形リモートI/O R3シリーズ他
・VAVコントローラ BA9シリーズ
・FCUコントローラ BA9シリーズ
・一体形リモートI/O BA8シリーズ、R7シリーズ他


[製品紹介サイト]
https://www.m-system.co.jp/products/ba.html