PR
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ
⇒⇒⇒セキュアなワイヤレスIoTをお求めですか?

機能・性能・ラインアップが充実、ブラシレスモーター「BLHシリーズ」、電磁ブレーキ付モーターとRS-485通信タイプドライバ

2019/07/18

オリエンタルモーター(株)

オリエンタルモーター株式会社(代表取締役執行役員社長:川人英二 本社:東京都台東区東上野4-8-1)は、ブラシレスモーター BLHシリーズに電磁ブレーキ付モーターとRS-485 通信タイプドライバをラインアップしました。


【概要】
DC24V 入力のコンパクトな基盤型ドライバを採用した、高トルク・低騒音のブラシレスモーター BLHシリーズに、電磁ブレーキ付モーターとRS-485 通信タイプドライバをラインアップしました。装置の自動化、省人化、予知/予防保全に貢献する通信機能を搭載しています。また電磁ブレーキ付モーターは停止時の位置保持が可能です。


【特徴】
1. 電磁ブレーキ付モーター
水平駆動時の位置保持が可能です。ワークの積み替えや加工時の停止位置を保持できます。また、停電など緊急時の負荷保持も可能です。
※巻き下げ運転など上下駆動する用途では使用できません。電磁ブレーキの制御はお客様側で行います。


2. RS-485 通信タイプドライバ
プロトコルはModbus(RTU)に対応し、パネルコンピュータやパソコンなどに接続して制御できます。運転データの書き換えやパラメータ設定が簡単にでき、省配線に貢献します。運転指令入力はI/Oでも行えるため、立ち上げ時の設定にも便利です。
各モニタの内容はシリアル通信で取得でき、ドライバの状態を遠隔で常時監視できます。