電気抵抗式ハンディータイプ膜厚計 SRスコープ RMP30-S

(株)フィッシャー・インストルメンツ

片面・両面基板ともに表層の厚みだけを正確に測定

【SRスコープ RMP30-S】は、EN14571:2004規格に準拠した測定方式で、プリント基板表面における銅の膜厚を測定する電気抵抗式ハンディータイプ膜厚計。裏面の銅の影響を受けずに簡単に測定が行える。LCDディスプレイを備えたハンディータイプで、現場でも使いやすい。乾電池またはAC電源を使用できる両用タイプ(ACアダプタはオプション)。お問い合わせはこちらへ。

電気抵抗式ハンディータイプ膜厚計 SRスコープ RMP30-S

その他の情報

■自動プローブ認識
■外部コントロール測定可能
■上下限値設定
■100アプリケーションまで最大10,000測定値を蓄積でき、 最大1,000ブロックへの分割が可能
■測定単位はμmとmilsとをスイッチで切り替え
■RS232インターフェース
■トレーサビリティの取れた認定、Cu/ISO標準板によるキャリブレーションされた測定結果
■ばらつき値の監視
■自動電源オフ

会社情報

(株)フィッシャー・インストルメンツ

Helmut Fischerは60年以上にわたり、膜厚測定、素材分析、微小硬さ試験、材料試験の分野において革新的な測定技術を開発してきました。
製品ラインアップには、極めて多様な用途や産業向けの測定・分析機器を幅広くカバーし、それぞれの用途に応じて最適な測定方式を用いて精度の高い結果をもたらします。電磁式、渦電流式、ベータ線後方散乱式、電解式、微小硬さあるいは蛍光X線式などいずれの測定方式においても豊富な技術と経験を持ち、あらゆるソリューションを提供してきております

(株)フィッシャー・インストルメンツ
〒3400012
埼玉県 草加市神明1-9-16
電話: 0489293455
https://www.helmutfischer.jp/