アルマイト処理の封孔度を測定

【YMP30-S】は、測定電極をセル内に接触することで自動的に測定を開始できる封孔度試験器。封孔度不良時に警報音発生させる。RS232でプリンタやPCに接続可能。お問い合わせはこちらへ。

封孔度試験器 YMP30-S

仕様

用途 アルマイト処理後の封孔度合いの試験
寸法 本体寸法:160×80×30mm(L×W×H)
LCDディスプレイ:62×43mm(W×H)
重量 約240g(本体とバッテリ)

その他の情報

測定方法:アドミッタンス測定(DIN EN ISO2931)
測定値記録:10,000件
電源:9V6LR61電池、ACアダプタ接続

会社情報

(株)フィッシャー・インストルメンツ

Helmut Fischerは60年以上にわたり、膜厚測定、素材分析、微小硬さ試験、材料試験の分野において革新的な測定技術を開発してきました。
製品ラインアップには、極めて多様な用途や産業向けの測定・分析機器を幅広くカバーし、それぞれの用途に応じて最適な測定方式を用いて精度の高い結果をもたらします。電磁式、渦電流式、ベータ線後方散乱式、電解式、微小硬さあるいは蛍光X線式などいずれの測定方式においても豊富な技術と経験を持ち、あらゆるソリューションを提供してきております

(株)フィッシャー・インストルメンツ
〒3400012
埼玉県 草加市神明1-9-16
電話: 0489293455
https://www.helmutfischer.jp/