電流検出用低抵抗器TLR2A2m~4mΩの抵抗値拡大

2014/08/18

KOA(株)

スマートフォン、タブレット端末、ウルトラブックなど小型モバイル機器向けにラインアップしている 金属板チップ形低抵抗器 TLR2A(2012サイズ、1W)において、より大電流の検出に対応するため、 低抵抗値2m~4mΩを追加し2014年6月より量産を開始しました。

■対象市場、対象アプリケーション
携帯電話/スマートフォン、タブレット端末、ウルトラブック、デジタルスチールカメラ、デジタルビデオカメラ、オーディオプレーヤー等の小型機器における電流検出回路

■背景
近年スマートフォンなどのモバイル機器においては多機能化の一途をたどり、搭載される電子部品やモジュールも増加しているため、 実装面積低減を目的とした電子部品の小型化要求が強まっています。
また、機能付加に伴う消費電流増大に相反し、モバイル機器の稼働時間を延ばすため、一層緻密な電流マネージメントが 重要となってきており、大電流を高精度に検出する要求が強くなっています。
このため、定格電力1Wを業界最小2012サイズで実現している電流検出用抵抗器TLR2Aにおいて従来のラインアップより抵抗値の低い 2m~4mΩを開発しました。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.koaproducts.com/news_tlr2a_0731.php