ホワイトリスト型セキュリティ対策ソフトを標準搭載。IoTエッジコンピューティング向け 組み込みPC「ボックスコンピュータ® BX-825シリーズ」新発売

2018/03/20

(株)コンテック

株式会社コンテック (東京証券取引所第二部 証券コード6639、以下コンテック) は、ホワイトリスト型セキュリティ対策ソフトを標準搭載したIoTエッジコンピューティング向け組み込み用PCを開発、ボックスコンピュータ® BX-825シリーズとして2018年3月20日より順次出荷開始いたします。

新製品「ボックスコンピュータ BX-825シリーズ (以下、BX-825)」は、クアッドコアのインテル Atom プロセッサを搭載したファンレス・スピンドルレスの産業用途向け組み込み用コンピュータです。3つのGigabit LANポートを搭載しており、工場内のフィールドバス、コントローラ間、上位情報系ネットワークといった異なるネットワーク階層を相互接続するIoTゲートウェイの用途に最適です。CE / CB / UL / CCC / BSMI / KC 世界の安全規格に適合しており、輸出用装置の組み込み用PCをBX-825に統一することで、開発コスト、運用コストを大幅に縮小することができます。

クラウドサービスを活用したIoTシステムでは、組み込み用PCに対するインターネット接続デバイスとしてのセキュリティ対策が必要です。BX-825は、Windows 10 IoT プレインストールモデルにホワイトリスト型(※1)セキュリティ対策ソフトMcAfee® Security for CONTEC (McAfee® Application Control相当) を標準搭載しています。不正なプログラムの実行を阻止し、ゼロデイ マルウェアの攻撃から組み込みPCを保護することができます。またBX-825はMicrosoft Azure IoT Hubとの接続テストに合格した認定デバイスで、Azure IoT Edge SDK で動作確認済です。Azure IoTを活用したシステム構築に要する動作検証の時間を大幅に短縮できます。


【主な特長】

・エッジコンピューティング向けのセキュアなIoTデバイス
日英中韓 4か国語対応の64bit版 Windows 10 IoT Enterprise、McAfee ホワイトリスト型(※1)ウィルス対策ソフトウェアをプレインストール。BX-825にはインターネット接続デバイスとしての装備があらかじめ揃っています。(BX-825D-DC761824)

・3つのGigabit LANポートが異なるネットワーク階層を相互接続
3つのGigabit LANポートを搭載。工場内のフィールドバス、コントローラ間、上位情報系ネットワークといった異なるネットワーク階層を相互接続するIoTゲートウェイの用途に最適です。

・世界の安全規格に対応
CE / CB / UL / CCC / BSMI / KC 安全規格に適合。輸出用装置の組み込みPCをBX-825に統一することで、開発コスト、運用コストを大幅に縮小することができます。

・ランニングコスト削減と省エネルギー化に貢献
低消費電力プラットフォームのインテル® Atom™プロセッサE3845を採用、十分なパフォーマンスを確保しながら低消費電力を実現しています。

・広温度範囲対応 0~55℃での動作保証
0~55℃の広温度環境下での安定動作が可能です。

・保守点検業務を軽減するスリットレス・ファンレス設計
放熱スリット、CPUファンを廃し、ストレージにSSDを採用した完全スピンドルレス設計です。ホコリや異物が侵入する心配がなく、経年劣化する部品の使用を極力抑えて保守点検業務の負担を大幅に軽減します。


※1:実行を許可するプログラムやコードのリストを予め登録し、登録されていないプログラムやコードの実行をすべてブロックするセキュリティ対策の方式です。対策方法や修正プログラムが提供される以前(ゼロデイ)の脆弱性を狙った攻撃に有効です。