手のひらサイズのIoTエッジコンピューティング向け組み込みPC 「CONPROSYS® CPS-BXC200シリーズ」に、メモリ8GB、ストレージ64GBモデルを新たに追加

2019/09/02

(株)コンテック

コンテックは、McAfeeホワイトリスト型セキュリティ対策ソフトを標準搭載、手のひらサイズのIoTエッジコンピューティング向け組み込みPC「CONPROSYS® CPS-BXC200シリーズ」のラインアップに新たに以下の2モデルを追加し、9月10日より販売を開始いたします。また、現行モデル2機種の販売価格を9月2日より値下げしたことで、さらにお求めやすくご利用いただけます。

現在販売中の4GBメモリ、32GBストレージを搭載した「CONPROSYS CPS-BXC200シリーズ」に、8GBのメモリ、64GBのM.2ストレージを実装した新製品2機種を新たに加え、ラインアップが拡充されました。