高速通信規格IEEE802.11acに対応した組み込みタイプ無線LANボード FLEXLAN FXE4000シリーズを新発売

2020/01/22

(株)コンテック

株式会社コンテック (東京証券取引所第二部 証券コード6639、以下コンテック) は、高速通信規格IEEE802.11acに対応した機器組み込みタイプ無線LANボードを開発、「FLEXLAN® FXE4000シリーズ(以下、新製品)」として2020年1月22日より受注を開始しました。

新製品は、最大866Mbps(理論値)の高速通信をサポートしたIEEE802.11ac/n/a/b/g規格対応の無線LANボードです。モード切り替えにより、アクセスポイント(親局)・ステーション(子局)・リピータのいずれかで機能します。

ACアダプタ(別売)からの電源供給だけでなく、直流電源(5~30VDC)に対応しており、機器内での電圧変換なしでプリンタ、医療機器、POS端末、フォークリフト、無人搬送車などの機器へ組み込みが可能です。今後、海外規格に対応したモデルも順次発売を行う予定です。

【主な特長】
・IEEE802.11ac/n/a(W52/W53/W56*1)/b/gの5規格準拠
5GHz帯のIEEE802.11ac/n/aでは19ch(W52/W53/W56*1)、2.4GHz帯のIEEE802.11ac/n/gでは1~13ch、11bでは1~14chから選択でき、電波干渉を考慮した柔軟な無線ネットワーク設計が可能です。また、IEEE802.11ac規格では80MHz/40MHz/20MHz、IEEE802.11n規格では40MHz/20MHzのバンド幅の通信に対応しています。

・さまざまな電源環境に対応
ACアダプタ(別売)や5~30VDCの直流電源による電源供給に対応しています。

・アクセスポイント(親局)やステーション(子局)、リピータに切り替え可能
モード切り替えにより、アクセスポイント(親局)だけでなくステーション(子局 *2)やリピータとしても運用可能。有線LAN機器の無線LANコンバータとして使用できます。

・WPA3*3/WPA2/WPAやWEPと併用可能な独自暗号化技術WSLを搭載
高度なセキュリティ規格WPA3*3/WPA2/WPAやIEEE802.1X認証に加え、これらと併用できる独自暗号化技術WSLを搭載しています。また、MACアドレスフィルタリング、ESSID隠しにも対応しています。

・VLAN、仮想AP機能など多彩な機能を搭載
仮想的なネットワークを構築するためのVLAN機能*3や、1台のAPを仮想的な複数のAPとして動作させ、異なるセキュリティ設定が行える仮想AP機能を搭載しています。また、イベントログを大容量(15,000件程度)保存可能です。

・用途に応じて当社オプションアンテナを接続可能
内蔵アンテナを2個搭載。用途に応じて、当社製オプションアンテナを選択することができます。


*1 W52:36, 40, 44, 48ch、W53:52, 56, 60, 64ch、W56:100, 104, 108, 112, 116, 120, 124, 128, 132, 136, 140ch
*2 ステーション(子機)時に5GHz/2.4GHzの切り替え設定が必要。
*3 ファームウェアのバージョンアップで対応予定です。