PR
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ
i.MX 8X ベースIoTエッジコンピューティング開発キット

高性能オーディオボリューム「NJU72315/NJU72322」を量産開始

2020/04/09

新日本無線(株)

新日本無線株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:森田 謙一)は、高性能オーディオボリューム「NJU72315/ NJU72322」の量産を開始しました。


【概 要】
NJU72315/NJU72322は、高性能なオーディオボリュームです。
外部アンプを接続して使用するボリューム構成であり、自由度の高い設計が可能です。
NJU72315は、ポータブルオーディオ機器向けに最適な小型パッケージを採用し、低電圧動作、超低雑音、超低歪特性を実現しています。
NJU72322は、MUSESシリーズの開発コンセプトを踏襲しながら、より生産性を向上した製品です。
NJU72315/NJU72322は、高性能、高音質を追及する高級オーディオ機器、プロ用オーディオ機器、ポータブルオーディオ機器に最適です。



【特 長】

■高性能
NJU72315
- 低電圧動作 アナログ ±3.0 to ±5.5V、デジタル +1.6 to +3.6V
- 低雑音/低歪率 ※1
- 超低雑音化によるSNR 130dBを実現
- ゼロクロス検出回路※2、ソフトステップ回路※3を組み合わせた、ボリューム切り換えノイズの低減
- 小型パッケージ WCSP16 (1.9mm x 1.9mm x 0.41mm)

NJU72322
- 最大±18Vの動作電圧により高ダイナミックレンジを実現
- 0.5dBステップの調整が可能
- 低雑音/低歪率 ※1

■自由な音質設計
従来の半導体ボリュームは可変抵抗など機械式ボリュームと比べてチャンネル間ばらつきが小さい優位性がありますが、音質は内蔵のオペアンプに依存します。
NJU72315/NJU72322は従来のアンプ内蔵構成ではなく、外付けアンプ構成のため、音質設計の自由度が向上しました。MUSESシリーズのオペアンプと組み合わせる事により、高音質のシステムが実現可能です。


※1 組み合わせるアンプの特性に準拠、表内はローノイズオペアンプ使用時の一例
※2 ゼロクロス : 入力信号がGNDレベル(基準電圧)付近の小さい振幅時にボリュームを切り換えることにより、
信号入力時の切り換えノイズを低減する機能
※3 ソフトステップ: ボリュームを最小ステップより細かいステップで切り換えることにより、切り換えノイズを低減する機能。
※4 ボリュームと組み合わせる事で、ゲイン側も0.5dBステップでの調整が可能