極小ガラスモールド非球面レンズ

(株)住田光学ガラス

高屈折率材料を採用

本製品は、直径:φ0.35mmの極小ガラスモールド非球面レンズ。高屈折率材料を採用しており、ファイバースコープの対物レンズなどへの搭載で広範囲の取込みが可能。中心厚:0.2~5mm、レンズ形状:平板/両凸/平凸/凸凹(メニス)、曲率半径:0.4mm~、コーティング:各種ARコート。用途は細径スコープ用対物レンズ(画角拡張)など。平凸、平凹形状に限り、カバーガラス絞り付きレンズにも対応。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ
極小ガラスモールド非球面レンズ

仕様

用途 細径スコープ用対物レンズ(画角UP)など

その他のカタログ

LED LS-L150

【LS-L150】は、メタルハライド光源250Wクラスの光量を持つLED。約30,000時間の長寿命を実現、最大1,024段階の調光が可能。LCDディスプレイ上で状態の表示、動作設定が行える。多様なリモート調光機能(Et...

超精密モールドガラスレンズ
紫外線センサ UV-300
ナノ結晶含有ガラス YAGLASS-T
LED光源装置 LS-L109
屈折率分布レンズ FOCUSROD(フォーカスロッド)
光ファイバー製品カタログ
精密モールドレンズ

会社情報

(株)住田光学ガラス

ガラスは、紀元前に生まれて以来、数千年にわたって人々の暮らしと共に生きてきました。私たちSUMITAは、そうしたガラスの役割を大切にしたいと思います。時代に合わせ、人々の暮らしに密着した視点から研究開発を行い、蓄積された技術でこれからも最高品質の光学ガラス製品を、皆様に提供し続けてまいります

(株)住田光学ガラス
〒3308565
埼玉県 さいたま市浦和区針ケ谷4-7-25
電話: 0488323165
https://www.sumita-opt.co.jp/ja/