1台で数台分の機能を発揮

本製品は、多点同時分光スペクトル検出が可能なマルチチャンネル分光器。同社独自の光学設計により高分解能、高感度を達成。数台分の機能を1台で実現する。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ
多点同時計測分光器

仕様

用途 光源装置の波長検査
反射率・透過率の検査
寸法 140×80×55mm(入力端子部含まず)
重量 約0.5kg

その他の情報

感度波長範囲:UV(250〜400nm)、VISタイプ(400〜700nm)、IRタイプ(700〜1,200nm)
スリット:10〜50µm(選択可能)
光学分解能:1nm FWHM(50µmスリット)
波長再現性:±0.12nm(620nm)
インターフェース:USB2.0 HiSpeed(480Mbps)対応
A/D変換:18bit
画素数(波長範囲):1024pixel
ピクセルサイズ:14×14µm
積算時間:0.1ミリ秒〜6.5535秒
ダイナミックレンジ:約2,500(積算時間1mSec時)

その他のカタログ

屈折率分布レンズ FOCUSROD(フォーカスロッド)

【FOCUSROD(フォーカスロッド)】は、屈折率が光軸中心から半径方向に、徐々に低下しているラジアル型の屈折率分布レンズ。視野角が広く、色収差が小さいという特長があり、単レンズで優れた結像特性を持つ。形状は円柱で、端面...

LED LS-L150
Sumita Endoscope Lens
検査用ライン型ファイバー照明
近赤外線吸収フィルター SC-504/SCM-504
ナノ結晶含有ガラス YAGLASS-T
超精密モールドガラスレンズ
レーザーポインター/レーザーラインジェネレーター

会社情報

(株)住田光学ガラス

ガラスは、紀元前に生まれて以来、数千年にわたって人々の暮らしと共に生きてきました。私たちSUMITAは、そうしたガラスの役割を大切にしたいと思います。時代に合わせ、人々の暮らしに密着した視点から研究開発を行い、蓄積された技術でこれからも最高品質の光学ガラス製品を、皆様に提供し続けてまいります

(株)住田光学ガラス
〒3308565
埼玉県 さいたま市浦和区針ケ谷4-7-25
電話: 0488323165
https://www.sumita-opt.co.jp/ja/