高性能な製造ライン用、高耐久紫外-可視波長変換ガラス採用

【UV-300】は、一定の光量があたっているかを常時監視する紫外線センサ。ランプの劣化、不点灯をモニタし、ランプ交換を適切に管理できる。ランプの光量変動をフィードバックすることで、光量を安定させる。動作モードは光量モード・積算モードの2種類を搭載。またアナログ出力は電圧1〜5V/電流4〜20mAを標準装備。さらにティーチングによる感度設定、アンサーバック機能も搭載。

この製品が気になった方はこちら
製品カタログ
お問い合わせ
紫外線センサ UV-300

製品カタログ

光ファイバー製品カタログ

独自の光学ガラス技術による光ファイバーを、最終製品まで提供。同社のファイバーは、光学ガラスを原料とする多成分ガラス光ファイバーであり、これまで培った光学ガラスの製造技術を活かし、さまざまなタイプを取り揃えている。工業、医...

精密モールドレンズ
白色レーザ(参考資料)
近赤外吸収フィルター SC 807シリーズ
LED LS-L150
ナノ結晶含有ガラス YAGLASS-T
屈折率分布レンズ FOCUSROD(フォーカスロッド)
紫外線センサ UV-300

会社情報

(株)住田光学ガラス

ガラスは、紀元前に生まれて以来、数千年にわたって人々の暮らしと共に生きてきました。私たちSUMITAは、そうしたガラスの役割を大切にしたいと思います。時代に合わせ、人々の暮らしに密着した視点から研究開発を行い、蓄積された技術でこれからも最高品質の光学ガラス製品を、皆様に提供し続けてまいります

(株)住田光学ガラス
〒3308565
埼玉県 さいたま市浦和区針ケ谷4-7-25
電話: 0488323165
https://www.sumita-opt.co.jp/ja/