PR
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ
⇒⇒⇒セキュアなワイヤレスIoTをお求めですか?

サウスコ、ドアセンサとラッチ状態モニタリング機能を搭載した 新製品「EM-05 4 シリーズ電子機械式スライドボルト」を発表

2019/07/03

サウスコ・ジャパン(株)

[大阪]–2019年7月3日-サウスコは、既存の機械式スライドボルトから電子機械式へのシンプルな移行を可能にする「EM-05 4シリーズ電子機械式スライドボルト」を発表しました。サウスコの電子錠/アクセス制御製品群を拡充するこの製品は、電子錠に位置センサおよびドアセンサ機能を搭載したラッチボルトを組み合わせることで、ドアや施錠状態のシンプルなモニタリングを可能にします。また、コンパクトな形状であることから取付スペースが限られた用途に適しています。

多彩なサイズおよび仕様展開で幅広い用途に対応したサウスコEM-05 4シリーズ電子機械式スライドボルトはまた、コンパクトな形状かつ軽量設計で、取付スペースが狭小な用途に適しています。

シンプルに取付および使用でき、経済的なソリューションであるEM-05 4シリーズ電子機械式スライドボルトの作動機構には、ばね式のギアモータを採用しました。ギアモータはボルトが格納/突出(施錠)されている状態で通電の必要が無く、解錠時のみに通電するため、ソレノイド式に比べエネルギー効率性に優れており、大型自動調剤機器や、収納キャビネットなどの用途でソレノイド式に代わりセキュアかつ信頼できる施錠の制御を可能にします。

サウスコ・ジャパン、カントリーマネジャーの渡邉哲哉は、「EM-05 4シリーズは、シンプルなプッシュ-クローズ操作に加え、セキュリティ性を強化するドアまたは引き出しの開放状態をモニタリングするビルトインのスイッチや、一体化したドアおよびリードスイッチを搭載しています。」とコメントしました。



サウスコについて
サウスコ(Southco, Inc.)は、技術力に根ざした金物などのアクセスソリューションの設計・製造で世界をリードしています。"Create First Impression That Last"(出会いの感動が続く製品づくり)をモットーに、品質、性能から美しい外観や人間工学的な使いやすさまで、お客様の用途設計に貢献する製品をお届けしています。70年以上にわたり、サウスコの革新的なアクセスソリューション製品は、輸送機器、各種産業、医療機器、データセンターなどの用途で、顧客製品のエンドユーザーがまず目にし、触れる「タッチポイント」部品の品質とデザイン性で、世界の大手メーカーおよびそのブランドの価値創造に貢献しています。トップレベルの技術力の蓄積、革新的な製品と、専門家によるグローバルサポート体制で、世界中の機器設計者に幅広い高品質のアクセスソリューションをお届けしています。
www.southco.com(サウスコ・ジャパン ウェブサイトwww.southco.com/ja-jp)


Southco Asia Limited(アジアパシフィック地域本社)
2401-2406, Tower 2, Ever Gain Plaza, 88 Container Port Road, Kwai Chung, Hong Kong
Phone: +852 3127 1500 Fax: +852 3127 1512 info@southco.com