PR
■マルチインターフェースIoTゲートウェイでローカルデータを遠隔地/クラウドへ!
⇒⇒⇒セキュアなIoTデバイスをお探しですか?

最速、最短納期で設計できる「MMIC Evaluation Boards」を販売開始

2018/05/17

(株)アイ・エム・シー

株式会社アイ・エム・シー(代表取締役社長勝野功、本社東京都新宿区西新宿7-22-37ストーク西新宿)は、この度、米国Custom MMIC Design Services社(カスタムエムエムアイシー、マサチューセッツ州、社長Paul Blount、以下CMD社)のMMICデバイスを評価するX-Microwave社(エックスマイクロウェーブ、テキサス州、社長John Richardson)のMMIC Evaluation Boardsを販売開始致します。

CMD社製MMICを評価するため、X-Microwave社製MMIC Evaluation Boardsを使用することにより、これまでの評価時間を大幅に短縮できるようになりました。
評価ボードの他に、パッケージデバイス30種類以上の人気モデルをX-MWSystemTMライブラリで利用できるようになりました。

CMD社パッケージデバイスの約30%をX-MicrowaveBlock(X-MWblock)システムに搭載し、在庫販売しました。
X-Microwave社の革新的なドロップインシミュレーションノウハウにより、Keysight社のGenesys Spectrasysエンジンを搭載した業界グレードの非線形オンラインシミュレーションツールを使用して、効率的で便利なマイクロ波、及びミリ波回路開発とテストが可能になります。
CMD社の最先端LNA、パワーアンプ、アンプ、ドライバーアンプ、低位相ノイズアンプ、フェーズシフタ、スイッチ、ミキサーの35種類以上を評価し、プロトタイプ化することが可能になりました。

特長:評価基板を作らなくても簡単に評価を可能とします。

主な用途:民生、工業、防衛、研究開発、エンジニア教育プログラム等のツール向け

販売開始:2018年5月より受注、及び販売News Release
PR
■5分で始めるセンサ評価 ウェアラブル/IoT機器開発向けセンサ評価キット
豊富な金属接合材料を取り扱い!お困りのお客様はこちらをクリック! ニホンハンダ(株)