PR
i.MX 8X ベースIoTエッジコンピューティング開発キット
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ

最先端を目標とした技術を研究・開発

高度圧縮技術研究所は、最先端を目標とした画像処理技術の研究開発、画像処理技術を含んだファームウェアの開発や試作ボード製造を行っている。主な画像処理技術は「オブジェクト抽出」、「キズ・クラック検出」、「魚眼補正」、「カラー検出」、「OCR」、「二次元コード」、「QRコード読み取り」など。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ
画像処理技術

関連製品カタログ

NI Vision 8 開発モジュール

“NI Vision 8 開発モジュール”は、画像入力/処理用のソフトウェアパッケージ。200種類以上の画像処理、解析用の関数を含むライブラリNI Vision8、対話式プロトタイプ作成ツールNI Vision Assi...

燃焼・流体噴霧現象解析システム
流体計測(2D/3D)システム
画像処理ソフトウェア HALCON18.11
マシンビジョン 二次元&三次元ビジョンシステム ビジョンセンサ
画像検査用ステージ7560/6048
光切断3D計測・検査システム FV-SurfaceFinder
X線検査用ソフトウェア Rhythm Radiography

会社情報

富士ソフト(株) エンベデッドプロダクト事業推進部

富士ソフト(株) エンベデッドプロダクト事業推進部
〒2318008
神奈川県 横浜市中区桜木町1-1
電話: 050-3000-2102
https://www.fsi-embedded.jp/