インフィニオン、電気自動車充電と無停電電源をターゲットとした、CoolSiC™ MOSFETによる2種類のEasyPACK™モジュールを発表

2019/09/03

インフィニオン テクノロジーズ ジャパン(株)

電気自動車とハイブリッド車の生産台数が急速に拡大しています。それに伴いエネルギー効率に優れた充電ソリューションへの需要も高まっています。この分野でのシリコンカーバイド(SiC)ソリューションへの需要増加に応えるため、インフィニオンテクノロジーズは1200 Vファミリーに属する2種類の新しいEasyPACKモジュールを発表しました。Easy 1BとEasy 2BはどちらもCoolSiC™ MOSFETを内蔵し、充電だけではなく無停電電源(UPS)アプリケーションもターゲットとしています。

これら2種類のトポロジを持つパワーモジュールは、システムの効率を高めると共に冷却の必要を軽減し、さらに高い周波数での動作も可能です。Easy 1Bのハウジングには4パックのトポロジ(F4- 23MR12W1M1_B11)が組み込まれ、充電ステーションのDC/DCステージに最適です。Easy 2B(F3L15MR12W2M1_B69)は3レベルのコンフィグレーションを持ち、アプリケーションのPFCステージに一般的に組み込まれているVienna整流器に適しています。これらのパワーモジュールは互いに組み合わせることにより、50/60 kWの電気自動車充電ソリューションに使用することが可能です。

パワーモジュール向けのEasyPACK標準パッケージは、業界をリードする漂遊インダクタンスの低さを特徴としています。これにより最大120/150 kWまでの充電に対応した、スタック型モジュールによるソリューションを構築可能です。またEasyモジュールに搭載されたNTC温度センサーがデバイスの監視に貢献し、さらにPressFITテクノロジーによってデバイスをマウントする際の組み立て時間が短縮されます。

【供給状況】
どちらのEasy CoolSiC MOSFETもすでに提供が開始されています。詳細についてはwww.infineon.com/coolsic-mosfetをご覧ください。