PR
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ
i.MX 8X ベースIoTエッジコンピューティング開発キット

イーガルド、2つのICチップを1つの基材に乗せたRFIDタグを改良新発売

2019/10/21

(株)イーガルド

~第1回組込みシステム開発技術展【秋】に出展、RFIDによる最適なソリューションを提案~

株式会社イーガルド(本社:東京都中央区、代表取締役:今村 希望、以下 当社)は、モノのトレーサビリティや資産管理で活用できる「UHF/HF Dualタグ」の小型タイプを、2019年12月1日から販売開始いたします。また第1回組込みシステム開発技術展【秋】(2019年10月23日~25日)に出展し、ブースではUHF/HF Dualタグのほか偽造防止向けRFIDタグを展示、RFIDによる最適なソリューションをご提案いたします。

UHF帯RFIDによる中・長距離通信だけでなく、NFCなどの近距離通信も1つのタグで実現できれば、RFIDの活用方法は広がると考え「UHF/HF Dualタグ」を開発いたしました。本製品は、2つのタグが一つの基材に搭載しているため、UHF帯RFIDシステムを行う企業側と、スマートフォンでNFCを読み取る一般ユーザが、タグを介して同一システムにシンクロすることができます。今回、生産物のトレーサビリティを特化させることを目的に、22×65mmと小型化を実現いたしました。通信インフラやコードの標準化が進んだコネクテッドインダストリーズ時代にこそ求められるRFIDタグです。

【特長】
1. 本タグはUHFとHF(NFC)を一つのタグに埋め込んだタグです。
通常は2つのアンテナを近くに配置すると、お互いが干渉しあい通信距離の減衰が起こるのですが、本タグは2つのアンテナを電気的に結合させることにより、その通信距離を伸ばしております。このアンテナの設計は当社が特許取得しており、その通信能力は他の複合アンテナタグと比べ高いといえます。

2. 汎用性への配慮
スマートフォンやタブレットなどに搭載されているNFC機能を用いて、一般のユーザでも読み取ることが可能です。22×65mmの小型化により、ストラップ装着が可能になりました。

3. 偽造防止への応用
偽造防止用ICチップを搭載させることで、ブランド品の偽造防止にも応用が可能です。

【概要】
名称    : UHF/HF Dualタグ
販売料金  : 400円 ※数量により変動します
サイズ   : 22×65mm/38×76mm/85.6×54mm(ISOカード)
ICチップ  : MonzaR6 +Mifare or NTAG
基材    : PET、PVC(外側ケース)
アンテナ  : アルミエッチング
通信距離  : UHF=1m~6m HF=5mm~30mm(リーダや周辺環境によります)
納品可能形態: PVC/PETカード・Dryインレイ・ラベル
URL     : http://www.e-garde.co.jp/rfid/ic-tag/uhf_hf/

【お問い合わせ先】
株式会社イーガルド
Tel:03-3249-4556