PR
豊富な金属接合材料を取り扱い!お困りのお客様はこちらをクリック! ニホンハンダ(株)
3Gモバイル通信対応気象観測用データロガRX3003

Sigfox SDRドングル開発者向けプラットフォーム、Digi-Keyからグローバルに入手可能

2018/01/12

Digi-Key Electronics

米国ミネソタ州シーフリバーフォールズ–デバイスおよびソリューションメーカーによる開発とテストを高速化するように設計されたSigfox SDRドングルが、世界的な電子部品ディストリビュータであるDigi-Key Electronicsからグローバルに入手可能となった。SDRドングルを利用することで、Sigfoxパブリックネットワークカバレッジに関係なくSigfoxデバイスを開発できる。

Sigfox SDRドングルは、デバイス開発者向けの包括的ソフトウェアツールキットであるSigfox Device Test Suiteを実行するためのハードウェアプラットフォームで、以下のソフトウェアパッケージに対応する。

■ネットワークエミュレータ:デバイスとアプリケーションの間の、双方向データ送信サービスをエンドツーエンドでテスト可能
■無線信号アナライザ:Sigfoxによる検証済みの認定要件に対する無線適合性をテスト可能


Sigfoxの最高マーケティング責任者であるレティシア・ジェイ氏は、「SDRドングルの利用により、世界中のパートナーが迅速にSigfoxテクノロジを導入できるようになります」と述べている。「今回、スケーラブルなIoTソリューションの手早い着手、試作、迅速な開発に不可欠な開発者向けツールをDigi-Keyが提供することを喜ばしく思います」

Sigfox SDRドングルは、構成可能な高性能無線レシーバおよびトランスミッタで、Sigfoxネットワークをエミュレートする。この方法により、デバイスおよびソリューションメーカーは非常に簡単に開発とテストを高速化でき、ネットワークカバレッジも不要であるため、あらゆる国の無線周波数構成に対応できる。

「私たちは、Sigfoxのエコシステムパートナーとしての役割を前進させ、製品ラインナップの拡充を通じてSigfoxテクノロジに携わるお客様を引き続きサポートできることを楽しみにしています」と、Digi-KeyのIoTビジネス開発担当ディレクタであるロビー・ポール氏は述べている。「弊社の世界的な販売網を通じて、誰もがSigfox SDRドングルを入手し、あらゆるデバイスメーカーが、本拠地や研究開発拠点の無線ゾーンに関係なくデバイス設計を開始できるようになります」

SDRドングルやSigfox IoTエコシステムの詳細および即日出荷可能な製品リストについては、Digi-Keyウェブサイトを参照のこと。

https://www.digikey.jp/ja/resources/iot-resource-center/sigfox?WT.mc_id=PressRelease

https://www.digikey.jp/ja?WT.mc_id=PressRelease
PR
■新製品 CATIAデータが扱える国産3DCAD「図脳CAD3D」■
【緊急アンケート】「IoT向け通信規格、日本対応どれにする?」