PR
⇒⇒⇒セキュアなワイヤレスIoTをお求めですか?
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ

3DメカCADソフト「VariCAD 2019 日本語版」待望のバージョンアップ、20%オフ特別割引キャンペーンのご案内

2019/03/12

株式会社エーディーディー

VariCAD, Inc.は、VariCAD 2019 2.0 日本語版を2019年3月12日 にリリース致しました。
今回、VariCAD 2019 日本語版のバージョンアップを記念して、特別割引キャンペーンを期間限定で実施致します。
VariCAD は機械工学設計向けの3D/2D CADソフトで、コンパクトで使い易く、機械設計に必要な全ての機能を搭載しています。
新バージョンのVariCAD 2019 2.0では、VariCADのファイルダイアログのファイルのプレビュー表示機能が大幅に改良されました。
作成したプレビュー画像をファイルダイアログウィンドウで表示できるようになり、ファイルのタイトルや説明コメントを付けられるようになりました。
また、Windows エクスプローラ画面で、プレビュー画像をVariCAD形式のファイルのアイコン表示に設定できるようになりました。
その他の改良点では、組立部品ファイルでの部品または部分組立品の編集が、さらに簡単になり、2D描画画面でピッチ円の軸や中心線を簡単に挿入できるようになりました。
通常価格より20%割引となりますので、是非、この機会にご購入をご検討頂ければ幸いです。


【キャンペーン期間】
・2019年3月12日~2019年4月5日18:00まで

~キャンペーン割引価格、通常価格より20%オフ~

■ Windows版
 ・VariCAD for Windows(ダウンロード版)+アップグレードとサポート(1年間)
通常価格 97,870円(税込) ⇒ 割引価格 78,296円(税込)

 ・VariCAD for Windows(DVD-ROM版)+アップグレードとサポート(1年間)
通常価格 99,970円(税込) ⇒ 割引価格 79,976円(税込)

■ Linux版
 ・VariCAD for Linux(ダウンロード版)+アップグレードとサポート(1年間)
通常価格 97,870円(税込) ⇒ 割引価格 78,296円(税込)

 ・VariCAD for Linux (DVD-ROM版)+アップグレードとサポート(1年間)
通常価格 99,970円(税込) ⇒ 割引価格 79,976円(税込)

※アカデミック版は割引対象外となります。

■ご注文はこちらから↓↓↓
https://VariCAD.add-soft.jp/purchase/
  

【VariCAD 2019 2.0 改良点】

■ファイルダイアログを改良、プレビュー画像の詳細設定やファイルのタイトルや説明コメントの追加が可能になりました

・VariCADのファイルを「開く」ダイアログで、VariCADファイルの3Dデータの内容をプレビュー表示できるようになりました。プレビュー表示される画像は、ファイルを保存すると自動で作成され、編集後のファイル保存時は自動で更新されます。
プレビューウィンドウでは、ソリッドは3D陰付きビューで表示され、ファイルやフォルダのタイトルと説明コメントも設定できるようになりました。
またオプションで、ユーザー独自に設定したビューからプレビュー画像を作成することもでき、ビューをPNG形式に保存し、VariCAD以外で編集しそれをプレビュー画像として再設定することもできます。


■Windows エクスプローラでVariCAD形式のファイルの表示アイコンをファイルのプレビュー画像で表示できるようになりました

・Windows エクスプローラの「表示」オプションで、中アイコン、大アイコン、特大アイコンを選択した場合、VariCADのロゴアイコンに代わり、プレビュー画像をファイルのアイコン表示に設定できるようになりました。
2D DWG、DXF、3D STEPのようなVariCADが対応しているファイル形式には、VariCADのロゴアイコンが割り当てられ、ファイル形式毎に区別できるように異なる色で表示されます。


■組立部品ファイルでの部品または部分組立品の編集が、さらに簡単になりました

・低いレベルの部分組立品に挿入されている単一部品を編集する場合、カーソルで3D組立品から直接選択し、編集できるようになりました。
また、新バージョンでは、現在の組立部品が断面表示されていたり、選択した部品または部分組立品が断面表示されている場合でも組立部品ファイルで部品または部分組立品を選択して編集できます。


■3D変更後の2Dの更新-軸作成の新機能

・3Dモデルの変更後の2D軸の更新で新機能が追加されました。
ピッチ円を簡単に作成できるようになり、オプションで、中心線とピッチの直径に位置する各円の個別の放射軸も簡単に作成できるようになりました。
また、2Dオブジェクトを3Dビューから作成した場合、ピッチ円と軸の寸法は、自動で3D変更後に更新されます。


■その他の改良点

・3Dモジュールでいくつかの改良を行いました。
・表面(板金)の展開機能で、ねじ穴を持つ板金部品を展開する場合、ねじ穴が2D図面に正しく表示されるようになりました。
・Linux版が、最新のSSLライブラリに対応し、問題なくVariCAD自動アップデートや、利用可能なアップデートの検出ができるようになりました。
※追加パッケージにより、提供。

新機能の操作方法につきましては、ホームページ内のFAQにいくつか操作例をご紹介しております。下記ページよりご参照ください。

■VariCAD FAQ
https://VariCAD.add-soft.jp/support/


【機能・特長】
◇CAD設計者の意見を取り入れた使いやすいユーザーインターフェース
◇2D機械製図/3Dモデリング対応
◇さまざまな計算が可能(2D断面領域、表面積、体積、質量、重心)
◇機械部品(ANSI、DIN)とシンボルライブラリを標準装備
◇他のCADソフトの機能を多数備えながらも低価格
 低価格なので、今から3D設計を始めたい方にもおすすめ
◇他のCADシステムとの互換性もバッチリ
 出力:STEP形式(3D)、STL形式(3D)、IGES形式(3D)、DWG形式(2D)、DXF形式(2D)
 入力:STEP形式(3D)、DWG形式(2D)、DXF形式(2D)
◇Windows 10にも対応

◇無料試用版
下記製品ホームページより、試用版をダウンロードしてお試しいただけます。

製品ホームページ
https://VariCAD.add-soft.jp/