PR
i.MX 8X ベースIoTエッジコンピューティング開発キット
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ

新製品、狭い場所の研削やパイプの内面仕上げ作業に最適な長軸型ストレートグラインダ

2019/02/04

不二空機株式会社

不二空機株式会社(本社:大阪市東成区)は、長軸型ストレートグラインダ「FG-26HL-1シリーズ」および「FG-26HL-2シリーズ」の後継機となる「FG-26HL-10シリーズ」および「FG-26HL-20シリーズ」の販売を開始します。

ベビーグラインダ「FG-26HL-10シリーズ」および「FG-26HL-20シリーズ」は、好評を博していた従来製品よりも出力、耐久性および作業性を改良したことで、生産性が向上しました。出力は従来機種よりも20%向上。さらに本体のデザインに改良を加えたため、研削作業が容易になりました。排気口のマフラーパッドを省くことで、悪いエア環境でも出力が下がりにくくなりました。この新製品は、従来製品と同様に、無負荷回転数24,000 rpmという高速回転を実現。高精度スピンドル、といし交換が容易で耐久性に優れたコレットを採用し、本体デザインを改良しました。本体はレバーハンドル型FG-26HL-10シリーズが従来機と同様のアルミ製、リングハンドル型FG-26HL-20シリーズが過酷な環境に適した丈夫な鉄製で、排気方向およびスロットルは様々なタイプからお選びいただけます。

本シリーズは、深い穴や狭い場所の研削・パイプの内面仕上げ作業に最適な長軸型ストレートグラインダです。