PR
i.MX 8X ベースIoTエッジコンピューティング開発キット
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ

【カタログプレビュー】ナガオシステム製品リーフレット「3次元ボールミル(3次元リアクター)&傾斜型遊星ボールミル

< ログインしてこのカタログをダウンロードする(無料) >

Preview

株式会社ナガオシステムは特許取得3次元ボールミル(3次元リアクター)の高速3次元回転の活用により、従来不可能とされた、混合、分散、乳化、粉砕を解決するプロフェッショナル集団。
 主に小型の理化学用回転機器を得意としております。
mm以下の(有機物/無機物)素材をナノ、ミクロンまで(乾式・湿式可)微粉砕、混合、分散を可能にしました。
 さらに比重や粘度の異なる(有機物/無機物)物質がブレード未使用で高均一の混合、分散、乳化(3次元リアクター)が得意。
「2次元回転の弱点は重力影響を受け、高比重や微細な素材は底部へ凝集する。しかし、高速3次元回転は容器内壁面を全て活用し、高比重や微細な素材でも、凝集する時間を与えないのが、最大の特長。」
 従来の高速2次元回転と高速3次元回転の違いは、
・低発熱
・高均一
・非凝集
以上の3点が大きな違い!
 
 昨今、3次元ボールミル(3次元リアクター)の有機物と無機物の混合、分散、乳化の需要が急増中。
 
 弊社はその装置+専用容器を製造、販売中。

従来の高速2次元回転(臨界)から、【未知の領域】高速3次元回転(非臨界)の違いをご体感下さい。 非臨界を実現した高速3次元回転は、非凝集化、高均一性の混合、分散、乳化、粉砕が可能!
 高速3次元回転は、混合、分散、乳化、微粉砕のムラ減少、均一性のさらなる向上が期待可能。

3次元ボールミル(3次元リアクター)の価値を発見するのは皆様の使い方次第かもしれません!

発行元:株式会社ナガオシステム

< ログインしてこのカタログをダウンロードする(無料) >