PR
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ
i.MX 8X ベースIoTエッジコンピューティング開発キット

AI顔認証ソリューション「顔パス®️」、Microsoft Azureと更なる連携強化

2019/08/06

株式会社テクムズ

~AzureプラットフォームでのAIソリューションを加速化~

 株式会社テクムズ(本部:愛知県名古屋市中村区、代表取締役:鈴木 孝昌、以下 テクムズ)は、AI顔認証ソリューション「顔パス®️」を日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」で構築いたしましたことを発表します。「働き方改革関連法案」の施行により、厚生労働省のガイドラインに沿った労働時間管理の見直しが急務となっています。顔認証による入退館管理など、多くの実績を持っているテクムズは、日本マイクロソフトとの連携をさらに強め、テクムズの顔認証技術の専門性と、Azureプラットフォームの様々な製品を活用して、スマートビルディング、スマートファクトリーのソリューション開発を加速させて参ります。

■心地よさや思いやりの技術を目指す「顔パス®️」
「顔パス®」は、オフィスやファクトリーにおける、顔認証による入退館管理や、社員の健康状態の把握など、人が健康で快適に過ごすためのサービスの提供を行うことを目指しています。従業員の属性や状況に応じたパーソナライズなど、利用者のあらゆるニーズに応えるというビジョンを掲げています。

■日本マイクロソフト様からのコメント
 日本マイクロソフトは株式会社テクムズ様の「顔パス®」とAzureとの連携強化を心より歓迎いたします。「顔パス®」は、Microsoft Azure上でスマートビルディング、スマートファクトリーのイノベーションを進める上で大変有効なソリューションとなるでしょう。Microsoft Azureとの連携強化により、「顔パス®」がMicrosoft Azure上でさらに活用しやすくなることを期待しています。テクムズ様の技術により、今後たくさんのオフィスやファクトリーの最適化が実現することを期待しております。

日本マイクロソフト株式会社
執行役員 常務
クラウド&ソリューション事業本部長
手島主税

■AI顔認証ソリューション、「顔パス®」の特徴
• 顔の画像データはシステムに残さない(特徴点のデータのみ残す)
• 属性情報の推定年齢、性別、感情、健康状態など)
• 使用カメラの自由度(使用環境等の確認により、お客様ご要望のカメラを組み合わせ可能)
• 顔登録アプリケーション他、周辺機能も充実

■「顔パス®」導入実績
• 会員制店舗、24時間営業店舗の入退店
• ビル入館
• 勤怠管理
など多数

【株式会社テクムズ】
〒450-0002 名古屋市中村区名駅3-26-21 TOMIビル3F
URL:http://www.tkmes.jp

※「顔パス®️」は、株式会社テクムズの登録商標です。
※Office 365は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※Microsoft、Azureは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※その他、記載されている社名、商品名などは、各社の登録商標または商標である場合があります。