オートツールチェンジシステム SWS-Lシリーズ

シュンク・ジャパン株式会社

ロボットの生産性を向上

【SWS-Lシリーズ】は、ロボットツールの自動交換を実現し、ロボットの生産性を向上させるオートツールチェンジシステム。可搬重量300kgから1,350kgまでの大型サイズを用意しており、へビーデューティーのアプリケーションに対応。ロッキングボールを複動シリンダでセルフロックさせる機構を採用し、内部にはバネのない安全構造。ボディにエアポートは内蔵されていないが、より多くのモジュールが接続できるボディ設計。大型でありながら軽量・薄型設計でロボットへの負荷が少なく、ロボットをより長く使用できる。モジュールも数百種類保有しており、多くのツールに対応可能。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ
オートツールチェンジシステム SWS-Lシリーズ

その他のカタログ

PGN-plusグリッパー カタログ

あらゆる加工作業・産業で使用できる各種の『PGN-plusグリッパー 』を紹介。ラインアップが豊富。

製品概要 クランピング技術 カタログ
油圧ツールホルダー テクニカルデータリスト
TENDO SVLツールエクステンション
バキュームクランピングテクノロジー カタログ
油圧ツールホルダー シュンクオリジナル カタログ
自動マシンローディング用クイックチェンジ・パレットシステム カタログ
グリッパーモジュール オートメーション カタログ

会社情報

シュンク・ジャパン株式会社

シュンク・ジャパンはロボットハンドを中心とするグリッピングシステム製品と、油圧ツールホルダーを中心とするクランピング技術製品の世界最大のサプライヤーです。市場のリーダーとして、弊社は未来に向けて大きな可能性を持った標準品を開発し、様々な分野での飛躍的な進歩を牽引していきます。

シュンク・ジャパン株式会社
〒1400004
東京都 東京都品川区南品川2-2-13 南品川JNビル1F
電話: 0364514321
http://www.schunkjapan.jp/