衝突・過負荷保護ユニット OPS160

シュンク・ジャパン株式会社

ロボットとツーリングの損傷防止をサポート

【OPS160】は、ロボットの衝突または過負荷が発生した場合に、ロボットとツーリングの損傷防止をサポートする保護ユニット。衝突した場合は、ツールプレートが負荷をかわすと同時にシステムの非常停止機構が作動する。グリッパー/ツールが衝突物を越えて動いてもユニットは自動的にゼロポジションに戻り、手動リセットが不要なため、生産を直ちに続行可能。起動時の力とトルクはロボットや部品を最適にモニターするため、作動圧にて調整することが可能。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ
衝突・過負荷保護ユニット OPS160

その他のカタログ

TENDO SVLツールエクステンション

油圧膨張テクノロジー。ロングでスリム、瞬時にクランプ可能。

油圧ツールホルダー シュンクオリジナル カタログ
マルチバイス KONTEC KSM2
グリッパーモジュール オートメーション カタログ
油圧ツールホルダー テクニカルデータリスト
バキュームクランピングテクノロジー カタログ
製品概要 ロボットアクセサリ カタログ
油圧ツールホルダー カタログ

会社情報

シュンク・ジャパン株式会社

シュンク・ジャパンはロボットハンドを中心とするグリッピングシステム製品と、油圧ツールホルダーを中心とするクランピング技術製品の世界最大のサプライヤーです。市場のリーダーとして、弊社は未来に向けて大きな可能性を持った標準品を開発し、様々な分野での飛躍的な進歩を牽引していきます。

シュンク・ジャパン株式会社
〒1400004
東京都 東京都品川区南品川2-2-13 南品川JNビル1F
電話: 0364514321
http://www.schunkjapan.jp/