(株)多摩デバイス

(株)多摩デバイス

【産業機器向けの水晶デバイス】
社会インフラシステム・計測機器・放送関連機器・通信設備・防衛機器などさまざまな産業機器向けの水晶デバイスを提供します。
高周波クロックは豊富な在庫でスムーズなデリバリで対応。水晶振動子は回路マッチングサポート対応します。
無線通信のリファレンス用の高精度発振器(OCXO・TCXO)は、在庫のラインアップを充実させています。
ウェブサイトで詳細なデータを提供。リアルタイムクロックは細やかな技術サポートと評価用ボードも提供しています。

(株)多摩デバイスの製品

(株)多摩デバイスのカタログ・ホワイトペーパー

恒温槽付き水晶発振器 U7408LF

【U7408LF】は、14.2×9.2×6.5mmの小型表面実装タイプOCXO。±10ppb@-40~+85℃の高安定動作。+3.3V電源電圧、CMOSレベル出力、VC周波数調整端子付き。位相ノイズ:@10Hz:-110...

恒温槽付き水晶発振器 U7772LF
恒温槽付き水晶発振器 LNO-100シリーズ
恒温槽付き水晶発振器 UNC-C
恒温槽付き水晶発振器 HSO-13

(株)多摩デバイスのニュース

2019-05-14

超小型3.2×1.5mmで水晶振動子内蔵、190nA Typ.と超低消費電流のリアルタイムクロック「RV-8263-C7」をリリース

3.2×1.5mmと超小型で水晶振動子内蔵、190nA Typ.と超低消費電流のリアルタイムクロック「RV-8263-C7」をリリースしました。 超小型パッケージシリーズでシンプル機能のRV-8263-C7をリリース。時計保持動作時で190nA Typ.の超低消費電流で、外付け振動子が不要です。先にリリースされた 「RV-8063-C7」(SPIインターフェース)のI2Cインターフェース版です。

企業概要

社名 (株)多摩デバイス
住所 〒214-0001
神奈川県 川崎市多摩区菅1-4-11
Web http://www.tamadevice.co.jp/
TEL 0449458028
FAX 044-945-8486
設立 1997/03/24
代表者 代表取締役 谷 伸一
資本金 1000万円
会社沿革 ・1997年/水晶デバイスの専門販社として設立。主に国内ユーザー向けに国内メーカーの製品を供給。
・1999年/韓国向け船舶無線用水晶フィルタの納入を開始。
・2000年/航空機関連機器向け水晶振動子の納入を開始。
・2000年/水晶発振器メーカー向け振動子の水晶振動子の納入を開始。
・2003年/Microcrystal社の製品の販売およびサポートの開始。
・2003年/Oscilloqaurtz社の製品の販売およびサポートの開始。
・2005年/国内へのセシウム周波数基準器の納入。
・2006年/国内通信キャリアへの製品納入開始。
・2007年/通信基地局向けGPSレシーバーの納入開始。
・2009年/位相ノイズ測定器(E5052B)の導入。
・2009年/水晶発振器のジッタ測定機器の導入。
・2013年/RAKON社の製品の販売およびサポートの開始。
事業内容 ・自社製品の設計開発及び販売
・海外水晶デバイスメーカの販売
・上記に付随する設計サポート業務