PR
⇒⇒⇒セキュアなワイヤレスIoTをお求めですか?
◆耐摩耗性、メンテナンス性、高粘度液・高濃度スラリーの移送に優れたスラリーポンプ

新製品・超音波厚さ計「CMX/CMX DL - Version II」の販売開始のお知らせ

2019/02/01

ダコタ・ジャパン(株)

~膜厚と母材(素地)の厚さを同時測定する超音波厚さ計「CMX」をVersion IIにモデルチェンジ~

超音波検査機器の販売を行うダコタ・ジャパン株式会社(本社:さいたま市、代表取締役:深澤 義知)は、新製品の超音波厚さ計『CMX -Version II』『CMX DL -Version II』の2機種の販売を、2月1日に開始します。

◆概要
『CMX -Version II』『CMX DL -Version II』は、母材(素地)の厚さだけでなく、膜厚も同時に測定することができる画期的な超音波厚さ計です。

外観はそのままに内部のハードウェアを一新し、測定精度・範囲、処理速度を大幅に向上、Version IIとして生まれ変わりました。従来からのBスコープ表示、5段階の感度調整、自動零点調整、温度補正、スキャンモード(高速サンプリング&最小値・最大値ホールド機能)などの機能に加え、0.63mm~1,200mmの驚異的な測定範囲、TDG(Time-Dependent Gain)テクノロジー、USB給電機能等を追加しました。

『CMX DL -Version II』には4GBの内部メモリーが搭載されており、測定値を本体に保存することができます。

◆用途
・鉄・鋼・鋳鉄・アルミニウム・ステンレスなどの金属や、ガラス、プラスチック、セラミック等の厚さ、腐食・減肉検査
・塗膜上からの母材(素地)の厚さ測定
・膜厚の測定

◆特徴
・膜厚の測定も可能な画期的な超音波厚さ計
・0.63mm~1,200mm(鋼換算)の驚異的な測定範囲
・マルチ・エコーモードによる高精度の厚さ測定
・1秒間に25回の画面更新、さらにスキャンモードでは250回/秒の超高速測定
・5段階(パルス・エコー)&20段階(エコー・エコー/マルチ・エコー)の感度調整機能
・単3電池×3本に加え、USBからの給電にも対応
・IP65の防塵・防滴性能と2年保証
・4GBの大容量データロガー(CMX DL)

※リリース詳細はこちらをご覧ください⇒超音波厚さ計「CMX / CMX DL - Version II」

【ダコタ・ジャパン株式会社】
<本社>
〒338-0002 埼玉県さいたま市中央区下落合5丁目10番5号
<本製品を管轄している部門>
〒330-0802 埼玉県さいたま市大宮区宮町4丁目150番1号
URL : https://www.dakotajapan.com
PR
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ
3Gモバイル通信対応気象観測用データロガRX3003