PR
■5分で始めるセンサ評価 ウェアラブル/IoT機器開発向けセンサ評価キット
◆耐摩耗性、メンテナンス性、高粘度液・高濃度スラリーの移送に優れたスラリーポンプ

無線LAN搭載デジタルトルクレンチ「CEM3-WF」を開発・受注開始

2018/10/31

(株)東日製作所

~IEEE802.11準拠、広範囲の作業エリアで無線データ伝送を実現~

株式会社東日製作所は、締付作業と検査作業に使用できる無線LAN搭載デジタルトルクレンチ「CEM3-WFシリーズ」を開発し、2018/10/21から受注を開始しました。シリーズ8機種、トルク測定範囲は2~850Nmまで。締付けるねじの目安はM5~M30程度。

【開発の経緯】
当社では無線でデータ伝送するデジタルトルクレンチは既にCEM3-BTSシリーズ/CEM3-BTDシリーズなどがあります。これはBluetooth®で通信するので通信距離が約10m(見通し)程度で、さらに長距離通信の可能な製品を求める声がありました。また単方向通信で検査作業向けのCEM3-BTSと双方向通信で締付作業向きのCEM3-BTDを1つに纏めた製品を望む声もありました。今回のCEM3-WFはこれらのご要望を反映させたモデルとなります。

【製品名称】無線LAN通信機能付デジタルトルクレンチ 【型式名】CEM3-WFシリーズ

【価格】219,000円 ~ 407,000円 ※税別 ※シリーズ全機種受注時製作品
※最小機種のCEM10N3X8D-WFは219,000円 最大機種のCEM850N3-WFは407,000円

【CEM3-WFの特長】
1)国際標準規格IEEE802.11a / b / g / nに準拠した無線LAN通信機能を搭載。
2)2.4GHzと5GHzのデュアルバンド対応のため、2.4GHzの利用が制限されている作業環境でも5GHzで使用可能。
3)作業に合わせて「検査モード」と「締付けモード」の選択ができます。
4)無線LANアクセスポイントだけでなく、タブレット端末への 直接接続可能。
5)通信距離は約50m(見通し)※
※通信距離は電波環境や通信接続相手機器の性能等により変動いたします。 ※中継機を使用した場合、通信距離を数kmまで延長できる場合もあります。
6)2018年10月現在、無線基準認証はTELEC(日本)、FCC(アメリカ)、IC(カナダ)、SRRC(中国)。

【ターゲットユーザー】
・自動車・鉄道・航空機等の輸送機器、建設機械、重電、弱電、建設やプラントメンテナンス等。
・締付けデータの記録や管理が必要な締付け作業
・増締め検査など締付検査データの記録や管理が必要な検査作業
PR
⇒⇒⇒セキュアなワイヤレスIoTをお求めですか?
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ