PR
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ
生産装置・製造プロセスで見えなかった瞬間をスーパースローモーションで可視化

二度締め検出機能付き無線ポカヨケトルクレンチ「CSPFHWシリーズ」を開発/受注開始

2019/05/28

(株)東日製作所

独自の二度締め検出方法により、締め付け回数管理のポカヨケ(締め忘れ防止)の弱点を解消。

株式会社東日製作所は、締め忘れ防止用の二度締め検出機能付き無線式単能形ポカヨケトルクレンチ「CSPFHWシリーズ」を開発し、2019/5/21から受注を開始しました。シリーズ7機種、トルク調整範囲は5~280 Nmまで。 締付けるねじの目安はM6~M22程度。

【開発の背景】
生産工場の組み立て工程で行われている『締め忘れ防止(ポカヨケ)』で一般的な仕組みが、締め付け回数管理です。当社では締付け回数管理の無線ポカヨケトルクレンチとして、FH2 56MCや小型トルクレンチ用のT-FHP、ソーラー発電で無線式のBLがあります。これらは 受信機を介してカウンタやPLCと接続し、締め付け回数が規定値に達したらランプやブザーの点灯/発音の他、ラインのインターロック制御などを行い、締め忘れを防止している事が多いようです。ところが締付け回数管理では「二度締め」が問題でした。これは例えば一度締めた際にカウントアップし、再度同じボルトを締めてまたカウントアップしてしまうと、実際は1本のボルトが締めて無いのにかかわらず、締め付け回数だけ規定値に達してOK判定を出して、インターロックが解除されてしまうことが考えられます。

当社では二度締め検出が可能なトルクレンチとして、FDD(282000円から)やCEM3 -BTA(189000円から)があります。この2製品はジャイロセンサとトルクセンサを搭載し、締付けトルクデータと回転角度データから二度締めを判定しているので比較的高価であり、「トルクデータは不要なので安価な二度締め判定ができるポカヨケトルクレンチ」の要望が高まっていました。

【製品名称】
二度締め検出機能付き無線式単能形ポカヨケトルクレンチ

【型式名】
CSPFHWシリーズ【価格】61,600円~ 82,100円※税別※シリーズ全機種受注時製作品
※最小機種のCSPFHW25N3X10Dは61,600円最大機種のCSPFHW280N3X22Dは82,100円

【CSPFHWシリーズの特長】

1)トルクセンサレス。独自の二度締め検出機能により、信頼性の高い締付け回数管理のポカヨケ(締め忘れ防止)を安価に実現。

◆CSPFHW二度締め検出の仕組み◆※PAT.PEND
・CSPFHWはジャイロセンサを用いた角度検出による二度締め判定を行う為、締付け動作が2段階になっています。
・1段目は角度検出を開始するトリガトルクに達した際の軽いクリック感(aの位置)があり角度計測を開始。2段目は設定トルクに達した際の「カチン音」と強いクリック感(bの位置)があり角度計測終了。
・設定した二度締め判定角度より回転角が小さい場合( a - b' )では二度締めと判定してNGとなります。

2)大型LED の採用により通信状況や二度締め検出が作業者の手元で容易に確認可能。

3)FH 型無線ポカヨケトルクレンチと同じ受信機(R-FH256) など周辺機器が使用可能。新規導入コストが抑えられます。

4)トルクレンチに7桁の英数字や3桁のIDを設定可能。締付けに使用したトルクレンチが特定できるのでトレーサビリティが繋がります。

5)電池コストと交換の手間を低減。単4アルカリ電池1 本で15 万回以上使用できます。

6)ヘッド交換式。スパナ形・メガネ形・ラチェット形ヘッド等と交換して多様な締付け作業に対応可能。※交換ヘッドは別売です。

【ターゲットユーザー】
・自動車・鉄道・航空機等の輸送機器、建設機械、重電、弱電業界。
・トルク管理で締め忘れ防止(ポカヨケ)が重要な工程。
PR
⇒⇒⇒セキュアなワイヤレスIoTをお求めですか?