半導体発振器 TME500B17A

東京計器(株) 通信機器部

ヒートシンクおよびファンを内蔵

【TME500B17A】は、ヒートシンクおよびファンを内蔵した半導体発振器。周波数範囲:2.45GHz±50MHz、最大出力電力:50Wtyp.(@2.45GHz)、出力可変範囲:1~50W、効率:35%typ.(50W出力時)、電源電圧:+32V、動作温度範囲:0~40℃、放熱方式:強制空冷(放熱用フィン、ファン内蔵)、形状・外形:244×95×45mm(突起部を含まず)。反射異常、温度異常、出力異常の各種保護機能を搭載。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ
半導体発振器 TME500B17A

その他のカタログ

2.45GHz帯100W自励型半導体発振器

本製品は、ヒートシンクを内蔵した超小型半導体発振器。発振周波数:2.45GHz、モジュール効率:60% typ.、ヒートシンクを内蔵。

X帯GaN高出力増幅器
2.45GHz帯高出力半導体発振器 TME201B00
プラズマ殺菌装置
2.45GHz帯高出力半導体発振器 TME101B00B

会社情報

東京計器(株) 通信機器部

東京計器は最先端の通信制御技術で情報化社会の最適化を支えています。
情報通信技術の革新は私たちの生活を大きく変えようとしています。
東京計器は、アンテナ自動指向装置を中心とした各種通信制御機器などによって、TV放送分野における中継システムの構築に貢献しています。また、移動体通信で培った高出力増幅器、マイクロ波高効率発振器を電子波エネルギー応用市場にお届けしています。

東京計器(株) 通信機器部
〒1448551
東京都 大田区南蒲田2-16-46
電話: 03-3732-2072
https://www.tokyokeiki.jp/products/rf/