PR
i.MX 8X ベースIoTエッジコンピューティング開発キット
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ

あらゆる業界の異音を解決

【SoundGraphy】は、ケーブルレスでリアルタイムに音源を探査して可視化する音源探査・可視化装置。カメラ、16個のMEMSマイクロホンを内蔵した直径10cmの球状のセンサ、プロセッサユニット、タブレットPCで構成。プロセッサユニットとタブレット間の接続を無線化して設置の自由度を大幅に向上しつつ、リアルタイムの音源探査(探査対象の写真、音源の位置と音の大小を示すカラーマップを組み合わせて表示)を実現。製造業における商品の開発・品質管理、工場・販売現場などにおける異音発生原因の発見、不動産業における物件の異音発生源の特定などに最適。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ

仕様

価格 1台あたり250万円(税別)
生産状況 2017年4月1日より発売開始
初年度の販売目標は、50台

その他の情報

<音源探査とは>
騒音対策には、まずどこから音が発生しているのか、その音源を特定する必要がある。音源が特定され、その音の性質が定量化できないとオーバースペックな防音対策になり、コストもかかってしまう。ここで重要となるのは、ここに対策を施せば静かになるというポイントを見つけ出すこと。これを音源探査と呼んでいる。

<製品仕様>
センサ:直径10.0cm、長さ(凹凸を含む)11.5cm、重量 180g
プロセッサ: 7.5×13.5×3.5cm、重量 320 g
タブレット(別売):12.6×9.1×21.1cm、重量 340g
測定対象周波数:630~5,000Hz(1/3オクターブバンド分析の場合)

関連製品カタログ

ヒーティングテープ・ジャケット・ブランケット

本製品は、熱エネルギーを効率化し、むだをなくすエコヒーティングジャケット&ブランケット。最高温度は760℃。ユーザーの仕様に基づき設計・製作に対応する。

サージ・カウンタ
故障予知センシングシステム
ガス検知用赤外線カメラ FLIR GF620
ロックアウトツール ロックアウトデバイス
エアラインマスク X-plore9000/PAS X-plore
温度校正器カタログ 2017/2018
腕時計型ウェアラブル端末 AAAS-Watch

会社情報

日本音響エンジニアリング(株)

日本音響エンジニアリング(株)
〒1300021
東京都 墨田区緑1-21-10 BR両国ビル
電話: 0336345300
http://www.noe.co.jp/