人とくるまのテクノロジー展2019横浜に出展

2019/05/17

タイコ エレクトロニクス ジャパン(同)

~接続技術が実現する次世代モビリティ、MRデバイスで体験~

接続およびセンサの世界的なリーダーであるTE Connectivity (NYSE:TEL) の日本法人タイコエレクトロニクスジャパン合同会社(本社:神奈川県川崎市)は、本日、2019年5月22日から24日にパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展」に出展することを発表しました。「次世代モビリティを実現するための接続技術」をテーマに車載用コネクタおよびセンサを展示します。
先進運転支援システム(ADAS)に必要とされる車内外のデバイスの接続性をサポートするコネクタ、センサ、アンテナ技術の開発を行っているTEは、本展示会にて、車両から環境(V2I)、車両間(V2V)といったV2Xによる未来の通信に向けたTE製品をHoloLensを使用したMR(Mixed Reality)で紹介します。
こちらはTEの技術によって実現する次世代モビリティ社会を体験できるデモンストレーションとなっており、車両とクラウドの連携によるさまざまなデータの送受信、ヘッドアップディスプレイ(HUD)などのHMI(ヒューマンマシンインタフェース)、トラックの隊列走行など“CASE”(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)を支えるTE製品を紹介します。MRの動画はこちらからご覧頂くことができます。

HoloLensを使用したMRの動画:
https://www.te.com/jpn-ja/videos/transportation/aut-hololens.html

出展ブース:パシフィコ横浜・展示ホール 小間番号332