業界最小のサイズで最高の変換効率のSIMPLE SWITCHER同期整流コンバータ製品を発表

2018/06/14

日本テキサス・インスツルメンツ(株)

~産業用電源の設計簡素化に役立つ、高集積、広入力電圧範囲 DC/DC降圧型レギュレータ製品~

日本テキサス・インスツルメンツは、超小型のHotRod™ QFNパッケージ、広入力電圧範囲のSIMPLE SWITCHER® DC/DC同期整流降圧型レギュレータ 2製品を発表しました。新製品の『LMR33630』 (出力電流3A)と『LMR33620』 (同2A)の高集積な降圧型電圧コンバータは、業界最高の92パーセントの全負荷効率を提供、最大2.1MHzのスイッチング周波数と、高い堅牢性や信頼性が求められる産業用電源に最適です。これらのコンバータ製品は、TIのWEBENCH® Power Designerと組み合わせて使用することで、電力変換機能の簡素化と、設計プロセスの短縮に役立ちます。製品に関する詳細、サンプルや評価モジュール(EVM)のご注文に関しては、http://www.tij.co.jp/LMR33630-pr-jpをご覧ください。

『LMR33630』と『LMR33620』の各降圧型レギュレータ製品は、3.8V~36Vの広い入力電圧で動作し、放熱性能を強化した3mm×2mmのHotRod QFN パッケージで供給されます。このパッケージは独自のウェッタブル・フランク付きでハンダ付け後の目視検査 が可能なことから、製造工程の簡素化に役立つとともに、『LMR33630』は出力電流3A時に、業界最高の0.5A/mm2 の電力密度を提供します。最適化されたパッケージ構造と対称なピン配置は、浮遊インダクタンスを最小限にするとともに、入力バイパス・コンデンサの最適な配置が可能なことから、伝導や放射によるノイズ輻射の低減に役立ちます。 ビデオ「EMIの低減とソリューション・サイズの縮小に役立つHotRodパッケージ(英語)をご覧ください。
https://training.ti.com/jp/reduce-emi-and-shrink-solution-size-hot-rod-packaging?HQS=app-bsr-ccp-lmr33630_lmr36015-pr-tr-null-jp


『LMR33630』と『LMR33620』の特長と利点
・今回発表された新型DC/DCコンバータ製品は、最大36Vの入力電圧範囲で、ファクトリ・オートメーション、ホーム・オートメーション、モータ・ドライブ、インバータやサーボ制御ユニットをはじめとした、定格電圧が12Vや24Vのシステムをサポート。最大60Vのアプリケーション向けには、TIではピン互換性を備えた『LMR36006』(出力電流600mA)と『LMR36015』(同1.5A)の各同期整流降圧型コンバータ製品を供給

・『LMR33630』と『LMR33620』の各降圧型レギュレータ製品は、入力電圧24V、出力電圧5V、400kHzのスイッチング動作時に92パーセントの全負荷効率を提供。24μA(代表値)と非常に低いスタンバイ時電流が、軽負荷時の効率を向上
・これらの新型レギュレータ製品はQFNパッケージのほかに、放熱特性を強化し13.8ºC/W (ΨJB)と非常に低い熱特性パラメータを有する5mm×6mmの8ピンSOICパッケージでも供給され、さらに高い信頼性を提供。 ビデオ「DC/DCコンバータでの放熱特性と小型ソリューション・サイズのトレードオフ(英語)を参照
https://training.ti.com/jp/trade-offs-between-thermal-performance-and-small-solution-size-dcdc-converters?HQS=app-bsr-ccp-lmr33630_lmr36015-pr-tr-null-jp


詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.tij.co.jp/LMR33630-pr-jp