ハイコントラストかつ高精細な熱画像を取得

【InfReC H9000】は、最も高性能な赤外線検出素子の一つである「InSb(インジウムアンチモン)」二次元センサを搭載した赤外線サーモグラフィカメラ。短波長帯の赤外線検出感度と応答速度に優れ、一般的な非冷却型赤外線サーモグラフィカメラ(測定波長:8~14μm)では捉えることができない、ハイコントラストかつ高精細な熱画像を取得することができる。日光が当たらないトンネル内でわずかな温度差を検出するコンクリート内壁面剥離診断などで威力を発揮。測定波長:2~5.7μm、温度分解能:0.025℃(at30℃・画質改善なし)、画素数:640×512画素。

この製品が気になった方はこちら
製品カタログ
お問い合わせ

その他の情報

●高速現象を撮影可能なクラス最速のフレームレート
フルフレーム時で200Hz、オプションで355Hzの高速撮影が可能。さらに、ウィンドイングモードにより、最速5000Hzの超高速撮影が可能。自動車のタイヤやブレーキディスクなどの回転体の温度変化や、エアバッグ爆発の瞬間などの高速現象を捉えることができる。

●一瞬の現象を逃さない、多彩な同期収録機能
・ロックイントリガ出力
外部機器制御用の同期信号出力により、撮影フレームと同期を取りながらフラッシュランプなど他の設備を連動させることが可能。ソーラーパネルの品質検査や、金属の熱ストレス評価など、微小な熱変化を観測する場合に有効。

・外部トリガー入力機能
外部機器からのパルス信号入力と同期した計測が可能。複合材料の接着異常や水の浸入検査など、短時間のパルス状の熱負荷を与えた直後の温度変化を計測する「アクティブ・サーモグラフィ法」や、タイヤなどの回転体の回転数と同期計測を行う場合などで有効。

・複数レンジ同時計測機能
最大3レンジの温度計測を同時に行うことが可能。急速に温度変化する現象や、広いダイナミックレンジを必要とする測定で、レンジ切り替えせずに広い温度範囲をリアルタイムに計測することが可能。

●目的に合わせて最適なレンズが選べる豊富なレンズバリエーション
6種類のレンズ(オプション)をラインアップ。特に、近接拡大レンズや顕微鏡レンズはワーキングディスタンス(WD:レンズ先端から対象物までの距離)が長く設計されており、実験用の空間を広く確保。

●1200℃までの高温レンジを標準搭載。オプションで2000℃までレンジ拡張が可能
溶接温度のモニタ、ダイキャスト金型温度監視など、高温対象物の温度計測が可能。より高温の計測が必要な場合は、2000℃レンジの追加が可能(オプション)。

●特殊計測用フィルタをご用意。さまざまなカスタマイズにも対応
オプションのガラス越し計測フィルタ、ガラス表面計測フィルタ、火炎越し計測フィルタ、火炎計測フィルタにより特殊計測に対応。また、フィルタの特注開発にも対応。さらに、レンズ、温度レンジや積分時間の最適化などのご要望にも柔軟に対応。これらの機能や性能を活かし、ロックイン解析システム、回転体同期計測システム、爆発試験・評価システムなどの特注システムの開発にも対応。

●高機能オンライン解析ソフトウェアがデータ取得から解析・レポートまでサポート

製品カタログ

赤外線サーモグラフィカメラ InfReC H9000

【InfReC H9000】は、最も高性能な赤外線検出素子の一つである「InSb(インジウムアンチモン)」二次元センサを搭載した赤外線サーモグラフィカメラ。短波長帯の赤外線検出感度と応答速度に優れ、一般的な非冷却型赤外線...

赤外線サーモグラフィ Thermo GEAR G120EX/G100EX/G100
赤外線サーモグラフィカメラ InfReC R450シリーズ
サーモグラフィカメラ R550-Pro
赤外線サーモグラフィカメラ InfReC R300BP-TG
発火監視システム
赤外線サーモグラフィカメラ Thermo FLEX F50
赤外線サーモグラフィカメラ InfReC TS300SW

会社情報

日本アビオニクス(株) 電子機器営業本部 営業企画管理部

赤外線サーモグラフィカメラの設計開発からシステム構築まで一貫して手がける国内メーカーとして、長年培った赤外線に関する経験と独自技術を駆使し、様々なご要望に対応してまいります。

日本アビオニクス(株) 電子機器営業本部 営業企画管理部
〒2240053
神奈川県 横浜市都筑区池辺町4475 新横浜事業所島村ビル
http://www.avio.co.jp/products/infrared/index.html