PR
⇒⇒⇒セキュアなワイヤレスIoTをお求めですか?
日本随一、2500点の配管部品サテライト・ショールームがお台場に誕生。

予期せぬ故障や高額な修理を回避

本製品は、設備の運転状態や健全性を把握するのに役立つ機械設備状態監視システム。振動、ノイズ、温度計測値などのデータの傾向を見ることで機械の健康状態に関する情報が得られ、早い段階で機械の欠陥を検知できるため、予期せぬ故障や高額な修理を回避することが可能。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ
機械設備状態監視システム

その他の情報

■同社のソフトウェアとハードウェアは、タービンやコンプレッサー、そのほかさまざまな工業用機械の状態監視システムに使用されており、最近では、再構成可能I/O(RIO)ハードウェアとLabVIEWシステム開発ソフトウェアを使用して、同期されたモーション、ビジョン、I/Oを1つの開発プラットフォーム内に統合することで、よりスマートな機械を開発し、競合他社を一歩リードしている例がある。

■機械状態監視とは、機械の摩耗と故障を予測する目的で機械の状態を監視するプロセスであり、機械の状態を確認するためによく使用されるのは、振動、ノイズ、および温度計測値である。データの傾向を見ることで機械の健康状態に関する情報が得られるとともに、早い段階で機械の欠陥を検知でき、予期せぬ故障や高額な修理を回避することが可能。

関連製品カタログ

温度校正器カタログ 2017/2018

2017年度版の温度校正器カタログ。一次標準器、温度指示計器、温度プローブ、関連ソフトウェア、バス、工業用温度校正器を掲載。

№435 まわすtoろっく・シリンダー付き
サージシェルタ
Bluetooth式転倒検知送信機 EXH-BTTK2(Meマモーレ)
耐雷トランス
サージプロテクタ
雷レーダー
漏電火災警報器用試験器 RGR-2

会社情報

日本ナショナルインスツルメンツ(株)

日本ナショナルインスツルメンツ株式会社は、NI LabVIEWを始めとしたシステム開発ソフトウェア、およびPXIやCompactRIOなどのモジュール式ハードウェアより構成される共通開発プラットフォームを提供するナショナルインスツルメンツの日本法人です。

NIが提唱する、直感的なグラフィカル表現を特徴とした「グラフィカルシステム開発」手法は、設計・試作・実装の各工程に共通プラットフォームを導入し、計測・制御・シミュレーション全般の効率化を図ることで製品開発期間の短縮と真の品質向上に貢献します。

日本ナショナルインスツルメンツ(株)
〒1050012
東京都 港区芝大門1-9-9 野村不動産芝大門ビル8F
電話: 0120-527196
http://japan.ni.com/
PR
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ